沖縄ソニー坊や

本部町謝花のソニー坊や 【更新 2020.6.13】

 紀々ねぇさんのアシスタント、きな子です。

 紀々ねぇさんの亡き祖父が建てた、ナゾいっぱいの沖縄のソニー坊や。
 ☆まったく初めての方は、まずはこちらのインタビュー記事をご覧下さい。

 沖縄ソニー坊やについては、紀々ねぇさんのペースにとても私ではついて行けないので……(笑)、紀々ねぇさん自身に思いきり語って頂きます!

 ☆ 沖縄ソニー坊やについては、こちらもどうぞ。
   ▼

 それでは、はじまり・はじまり。

 ☆ ウチナーグチ「あんすぐとぅ」の解説は、こちら。

なぜ謝花だったのか?

 祖母は小学校の教員をしていて、勤務先が「謝花小学校」だったそうです。

 たぶん、その縁で今の場所(謝花小学校跡)に設置されたのではとのことでした。

本部町謝花のソニー坊やは「愛され坊や」!

 新聞見たよ~!

 那覇からは一番とおい地域にいるのですが、本部町謝花の坊やは、メディアの露出度も高く、実はかなり知られています。

 なぜ?

 よく着せ替えてもらっているから!

 私が、祖父とソニー坊やのことを調べ始めた時に、まずは新聞記事で着せ替えを知りました。

 「誰がやって下さっているんだろう?」

 すると、SNSで「ちょうど着せ替えをしていた男性が、ソニー坊やのお向かいの家に入って行くところを見かけました」という情報が届き、新聞にあったご連絡先をたよりに電話を差し上げた方が、本部町謝花のソニー坊やをいつも守って下さっている……大田武男さんでした。

うるま市ソニー坊やと仲間たち
※ うるま市安慶名の坊やの草刈り&ペンキ塗りにも駆けつけて下さいました。大田さん(左)と須藤さんご夫妻

本部町謝花のソニー坊や「ペンキ塗り変わり記」

 その後……

 ▼

 2018年に、「洗浄したら白くなったので、ペンキを塗ったそうです~!」とSyun Nakamaさんから写真が届きました。
 まずは、いつも本部町謝花のソニー坊や近況を送って下さるNakamaさんのご紹介を。
 ありがとうございます!!

 では、洗浄により全身が白いベールに包まれているような姿から。
   ▼

  ▼

 ペンキ塗り完了!!

  ▼
2019年
 「茶髪になっていました!」とNakamaさんレポート!

※ ひとすじゴールドがポイントです!

謝花のソニー坊やコレクション

※ Nakamaさんレポートより。

ソニーちゃん

2019年、大田さんから電話を頂きました。

 「一人じゃ寂しいと思うから、ソニー坊やに友だちをつくろうと思って。名前はソニーちゃんでいいですかね?」

 感激で、思わず深く頭を下げていました。

 Nakamaさんから、うれしいレポート!
   ▼

「ソニーちゃん」のニュースが掲載された記事

 ソニーちゃんは、さっそく取材もしてもらいました。

2019年12月17日
DEEokinawa
本部町のソニー坊やに仲間ができていた

2020年03月05日
週刊レキオ「島ネタCHOSA班」No.1817号
ソニー坊やの隣にいるのは誰?!

謝花坊やのクリスマス秘話

 実は、本部町謝花のソニー坊やのクリスマスイルミネーションには、是非お伝えしたいエピソードがあります。

 大田さんだけでなく、地域のみなさんが一緒に盛り上げて下さっていたのでした!

 ☆ 衣装・イルミネーションは、大田さんが。

 ☆ イルミネーションの電源は、隣のお弁当屋さんが提供。

 ☆ イルミネーションの電気代は、地域の建築屋さんが負担。

 こんな連携がありました。

 「ソニー坊やに会いたくなる!」

 その気持ちになるのは、このあたたかなみなさんの気持ちが、ソニー坊やから伝わっているからではないかと思っています。
 とってもうれしそうですよね?

※ 地域の保育園のみんなと点灯式をされたそうです。

謝花のソニー坊や×町づくり

 私が沖縄のソニー坊やのことを調べ始めたのは、祖父のことを知りたいという気持ちからでした。
 でも、ある時から変わりました。

 文化財にも落書きされてしまうご時世に、見知らぬ方々がペンキを塗って着せ替えまでして下さっているなんて。

 その理由を知りたいという思いを深めたエピソードのひとつが、謝花にあります。

 大田さんが、はじめにソニー坊やを着せ替えていたら、地域の方が一緒に草刈りをしてくれた。
 そして、花が植えられるようになった。

 行政が関わったわけでもなく、本当に自然に。

 これはもう、行政の方々にもお伝えしたい事例!!

 本当は、そう思っています。
 でもきっと、謝花のみなさんはそういうことを望んではいないと思うので、ここにそっとお伝えします。

大田さんへの感謝状

 なかなかやんばるまで行けないことを心苦しく思っていたのですが、こうして近況を頂くたびに……

 「僕は大丈夫だよ。大田さんもいつも来てくれるから寂しくないよ!」

 写真から、そんな声が聞こえる気がしています。

 Nakamaさんから、こんなニュースも届きました。

 「大田さんが感謝状をもらいました!」
   ▼

 区長さんからの、あたたかな感謝状!

 その感謝状には……

 行政区のシンボルであるソニーぼうやに様々な工夫を重ねいろいろな姿に変身させみんなを楽しませ続けてこられました。
 その努力は地域の安全に大きく貢献されています。

 とあります。

 ステキすぎるお話。
 人を批判したり傷つけるニュースが多い中、本当にホッとします。

 「ホッとしている場合じゃないよね? 今こそ哲学するチャンスでしょ!」

 そんなメッセージをもらった気がして、動き出しました。
 しっかり追いつきますので、待ってて下さいね。

 ソニー坊やを守って下さるみなさんへの感謝をお届けすべく、全力でレポートします!!

沖縄ソニー坊やにまつわるサイト&SNS

まずは、公式サイトをつくりました。
☆ 公式サイト 沖縄ソニー坊や

☆ Twitter 電波堂☆沖縄ソニー坊や博物館

☆ Facebookページ ソニー坊やと仲間たち

その他のご紹介頂いた記事は、下記にまとめて掲載していきますので、あわせてご覧下さい。
  ▼

「どこにいるの?」については、こちらにまとめました!
  ▼

紀々ねぇさん情報

 一点ずつの作品のため掲載が追いついていないのですが、はり切って準備中です。
 よろしければご覧下さい。お問い合わせも、お気軽にどうぞ。
  ▼ 
☆ 紀々ねぇさんのオンラインショップ

 インスタグラムでも、レザーカービングとメッセージをお届けしています。
  ▼
☆ 紀々のインスタグラム

 お問い合わせは、こちらへ。
  ▼

紀々へのお問い合わせ

 24時間365日開いている無料でアートなオンラインカウンセリング室~初めての方は、こちらもどうぞ。
  ▼

本気の転機を全力応援。
  ▼

あした、転機になぁれ!

哲学する紀々本(PDF版)、無料公開中。

『かがみ屋へ、ようこそ。』こちらから、どうぞ!

じっくりプロと一緒に向き合いたい方への応援プラン

私はきっと「いまが転機だと思う」!