電波堂劇場とピアノのこと

【お詫びとお知らせ】電波堂劇場は、もう少しお休みします。

  • 2020.06.01

 紀々ねぇさんからの、お知らせです。  電波堂劇場は、6月いっぱいまでお休みいたします。(再開時期は未定です)  再開し皆さんを安全にお迎えするのに、この広い空間の十分な換気と消毒を行うのが難しいと判断しました。  楽しみにして下さっていたみなさん、本当にごめんなさい m(_ _)m  断腸の思い、というのはこういうものなのかな。  手術を受けたことのない私は実感としてはわかりませんが、とにかく心 […]

ピアノのふしぎな縁結び

  • 2020.05.28

 これまでのピアノのもつふしぎな力についてお届けしていますが、今日は、ピアノの「縁結び」パワーについてお伝えします。  電波堂劇場について、こちらもどうぞ。  それでは、はじまり・はじまり。  ☆ ウチナーグチ「あんすぐとぅ」の解説は、こちら。 調律師さんとピアノのふしぎなつながり発見  「ピアノは言葉を話せないし、自分で動くこともできない。でも、会いたい人を自分で呼んでいるような気がする」  紀 […]

電波堂劇場のふしぎなピアノが教えてくれたこと~「言葉」の力

  • 2020.05.24

 電波堂劇場は、沖縄のグランドピアノのあるレトロで広々ピアノスタジオ。  ピアノ好きの紀々ねぇさんが守ってきたピアノの空間です。  ここには30歳のグランドピアノ(YAMAHA G5)がいます。  ある時から、弾きに来て下さった方々から質問をたくさん頂くようになったそうです。  今日は、その質問と紀々ねぇさんのお返事をお伝えします。  それでは、はじまり・はじまり。  ☆ ウチナーグチ「あんすぐと […]

Q.   グランドピアノにえんぴつが落ちるんです……

 6月から、小さく再開を決めた電波堂劇場。 紀々ねぇさんは、引き続き「考える日々」を送っているようです。  「withコロナ・afterコロナの生き方」を日々の中で、少しずつ何かがまとまりつつあるようで……よろしければ、こちらに綴った想いもご覧下さい。  今回は、ピアノ好きさんのお悩み解決で喜ばれたことがあったので、そのアイディアをあらためてご紹介します。  ピアノ教室の先生はもちろん、グランドピ […]

電波堂劇場のグランドピアノのこと~「音色」のふしぎなひみつ

  • 2020.05.17

 ピアノと離れた日々。 紀々ねぇさんはきのう、久しぶりに電波堂劇場に行ってピアノと少しゆっくり再会したそうです。  ピアノの調子はどうだったのでしょうか?  今日は、ピアノとの再会で紀々ねぇさんが考えたことをお届けします。  それでは、はじまり・はじまり。  ☆ ウチナーグチ「あんすぐとぅ」の解説は、こちら。 心配だった電波堂劇場のグランドピアノの様子は?  この状況だったので、ピアノに会いに行け […]

グランドピアノのあるレトロな練習室「電波堂劇場」の今とこれから

 ピアノ好きのみなさん、いかがお過ごしでしょうか?  電波堂劇場のオーナーの紀々ねぇさんも、ピアノ好きのひとり。 4月のはじめに電波堂劇場を休館してから、ピアノとほとんど会えない日々を過ごしています。  転勤族の一員として、小さい頃は1~3年ごとに引っ越し・転校を重ねてきた紀々ねぇさん。 転勤・転校で磨かれてきた「変化にどうにか対応する力」が役立っていると感じているそうです。  さて、新型コロナの […]

空っぽの電波堂劇場レポート

電波堂劇場を応援して下さっているピアノ好きさんへ  いかがお過ごしでしょうか?  とうとう私も、電波堂劇場になかなか行けなくなってしまいました。 ピアノとも離れがちな生活です。 こんな状況は、祖母の介護と看取りの時期以来はじめて。  ピアノコンクールや合唱コンクールの九州大会など、これまでにないご予約を頂いていました。 それが全部キャンセル。  イベントに関わってきて約30年。 こんなにキャンセル […]

電波堂劇場について~グランドピアノのある沖縄のレトロなアート空間

  • 2020.04.13

電波堂劇場は、どんなところ?  沖縄のご当地ソングと言われる「ラララ♪りうぼう」の作者がオーナーを務める、グランドピアノのあるレトロな練習会場。 沖縄でピアノの練習会場を探している方に、思いきりグランドピアノを弾いてもらいたいという想いで、紀々ねぇさんが守っています。 ▼電波堂劇場~グランドピアノのあるレトロなアート空間 アクセスと料金について  パレット市民劇場や新報ホールにも近く、県庁前から徒 […]

電波堂劇場によくある質問

  • 2020.04.01

グランドピアノについて教えて下さい。  YAMAHA G5 3本ペダルです。 調律は、いつもお願いしている調律師さんに年に2~3回を基本にみて頂いています。 調律師さんの表現だと「とても人懐っこいピアノ」とのことで、プロのピアニストからピアノを始めたばかりの子どもさんまでみんなと仲良くなりたいと思っているピアノです。  「おばぁちゃんの家のピアノみたいに懐かしい!」 「このピアノで弾くと自信が持て […]