琉球古典・琉球民謡アレンジ

ウチナーンチュによる「てぃんさぐの花」ピアノアレンジ

てぃんさぐの花×ピアノ

こんにちは、紀々です。

「てぃんさぐの花」を私がはじめてアレンジしたのは、もう30年前。

シンプルなあの曲の中にある「味くーたー(味わい深さ)」はまだまだ奥深く、研究中。

ピアノで「てぃんさぐの花」を弾きたい!

素朴な曲というのは、楽譜にするとシンプルで簡単ですが、ちがう難しさがあります。

楽譜どおりだと……味気ない。

そう。

「入門編」のようになってしまい、人前で弾くには物足りなさがありました。

かといって、テクニックを駆使するだけだと「素朴な味わい」が消えてしまう。

「弾くまでの道のり」がカギ。

この「アレンジ」がまた、難しいところです。

「てぃんさぐの花」を知るところから

この曲に限らず、私がアレンジをする時に大切にしていることがあります。

それは……

原曲を、よく理解すること。

「てぃんさぐの花」の場合、ウチナーンチュが感じる「懐かしさ」のポイントは、どんなにアレンジしても残さなくてはいけないと思っています。

リズムや和音は変わっても、変えてはいけないところ。

それは「ものまね」とちょっと似ています。

ココだけは外してはいけない。

ココさえあれば「~~さん!」とわかってもらえる。

そんなポイント。

「一番大切なのはどこ?」

そこをとらえるのが得意になったのは、アレンジの現場で磨かれたお蔭。

まさに、哲学する作業。

他の習い事の先生や、インタビューさせて頂いたプロフェッショナルの方々からも、

「コツをつかむのが上手い」

と言って頂くようになりました。

ピアノに歌はないけれど

「てぃんさぐの花」の大きな魅力のひとつは、歌詞。

でも、ピアノで弾く場合は、歌詞は伝えられません。

そんな中で、私はやっぱり「歌詞が伝わるピアノ」を目指しています。

大切な人に語りかけるような愛情。

実際に私も子どもの頃にさせてもらった、「てぃんさぐの花を爪の先に染めてみた」想い出。

「てぃんさぐの花」を口ずさむ、亡き祖母の姿。

そんな、日常の中に「てぃんさぐの花」があったからこそのアレンジとは?

そう厳密に考えているわけではないけれど、沖縄育ちのピアノと向き合いながら、いつも心の片隅に思っています。

いつでも沖縄に「里帰り」できる曲を

「てぃんさぐの花」は、ウチナーンチュならきっと誰でも口ずさめる曲。

どこにいても、「てぃんさぐの花」を聴くと、この一曲の間だけでも里帰りできる……そんな曲になれば。

こうして、ピアノアレンジが生まれました。

音楽は「どこでもドア」。

どこにでも連れて行ってくれる魔法。

そんなやさしい魔法をかけてくれるようなアレンジを、これからも目指してみたいと思っています。

佐々木世寿さんとピアノのてぃんさぐの花アレンジ
佐々木世寿さん(ピアニスト)×「てぃんさぐの花」×ピアノピアノ好きな沖縄出身の哲楽家、紀々ねぇさんの琉球古典・民謡をピアノで弾く&楽譜にする挑戦レポート。仙台のピアニスト佐々木世寿さんが「てぃんさぐの花」を弾いて下さいました。ピアノがつないでくれた不思議なご縁と、これからの夢についてもお伝えします。...

「てぃんさぐの花バリエーション」ピアノソロ楽譜も出来ました。

コロナな今を乗り切るヒント集『かがみ屋へ、ようこそ。』