電波堂劇場とピアノのこと

何もなくてもグランドピアノを弾いてもいいですか?~ピアノ好きさんの気持ち

電波堂劇場より

「コンクールとか本番の予定はまったくないのですが、そんな私でも、グランドピアノを弾かせてもらえますか?」

ときどき、そんなご相談があります。

この相談の向こうにある、ピアノ好きさんの気持ちについて考えてみました。

電波堂劇場のグランドピアノの不思議と「使命」

電波堂劇場には、コンクールや本番などを控えている方々も来て下さいます。

でも、そういう「特別な本番を控えた人限定のピアノ練習室」ということではありません!
「※ イメージです」(笑)

電波堂劇場が目指すのは「おばあちゃん家のピアノ」。
あ、おばあちゃん家にしてはかなり広いのですが。

電波堂劇場という空間と、ここのピアノが持っている使命のようなものでもあります。

「街かどに、音楽をあふれさせよう!」
これが、私の亡き祖父がこの空間をつくった時の想い。
プロアマ問わず、というのは、この時から続いている哲学です。

それは、沖縄ソニー坊やともつながっています。
祖父は、いつも地域のこと・沖縄のことを考えていたのだと感じています。

ソニー坊や人形
沖縄のソニー坊やと紀々ねぇさん~はじめまして編突然ですが…… 「ソニー坊や」をご存知ですか? 紀々ねぇさんが「沖縄のソニー坊や」についてお伝えするのは、理由があります。 「こんな...

みんな、すばらしい。
みんな、大切にされるべき人。

祖父の足あとをたどり、記された言葉などを見ていると、そんな想いが伝わってくるのです。

なので、ピアノも「様々な人を喜んで迎えてくれる」という素晴らしい性格になっています。
実は、これはとても珍しいことで、ふつうは「不特定多数の人に演奏されているピアノは荒れがち」なのだそうです。

調律師さんも「このピアノはみんなに弾いてもらうことを喜んでいますね」と太鼓判を押してくれています。
なので、私も安心してみなさんをお迎えできています。
調律師さんとの二人三脚は、本当に心強いです。

誰のためにも弾かない「自分のためだけの」ピアノの時間があっていい!

ちょっと遠回りしてしまいましたが……お伝えしたかったことは、

ピアノが好き!という気持ちがある方なら、どうか、何にもなくても「ふだん」にグランドピアノを弾きに来て下さい。

ということです。

私自身、大切にしたいのは「ふだん」。
ふだんの日が幸せになる方が、人生の中で幸せ度が高まると信じているから。

あの「ラララ♪りうぼう」だって、テレビ広告なしで現場だけで流れていてヒットした「ふだん」の底力全開の展開。

ラララりうぼうヒットの舞台裏
実は哲学する曲でした~「ラララ♪りうぼう」ヒットの舞台裏沖縄のご当地ソングと呼ばれるようになった「ラララ♪りうぼう」の知られざる舞台裏のレポートをお届けします。今回は、実は哲学する歌詞だった!というお話を。作者本人が語ります。...

自分のためだけに弾くピアノ時間は、とってもステキ。
誰が聴いていなくても、心に効くのです!!
これは、私が実感中。

一人旅に出かけるように。
一人でゆっくりお茶をするように。
一人でゆっくりお酒を飲むように。
一人でちょっと遠くまで好きなものを食べに出かけるように。

そんな感覚で、グランドピアノを弾きに行く。
電波堂劇場は、そんな場所でありたいと思っています。

「そうなんです。まさに、そんな感じ! わかってくれる人がいて、うれしいです~!!」喜びの声を頂いて、私もうれしいです。

好きだから。
ピアノを弾く理由は、それだけで十分。

ピアノと私と、そして、祖父の気持ちです。

あした、転機になあれ!

 

電波堂劇場より
電波堂劇場より、ピアノ貸切タイムセールのお知らせ(追加しました)那覇市にあるグランドピアノと高い天井&響きが自慢のピアノスタジオ「電波堂劇場」より、貸切タイムセールのお知らせです。コロナ禍でも、少しでもピアノ好きさんに楽しく弾いてもらえますように願いつつ。あした、転機になぁれ!...
コロナな今を乗り切るヒント集『かがみ屋へ、ようこそ。』