40代

40代からは「目標」より「使命」に注目してみたい~大人の夢の叶え方

これからの生き方を哲学しよう!

コロナ禍で変わったことの一つが「目標」についての考え方。

思うようにいかなかったことオンパレードの去年でしたが、「自分の思いよりも良かった」結果になったこともいくつもありました。

「目標を立てる」ことが良いことで、目標を立てて進むことが「夢を叶えること」だと思ってきたけれど、それって……ホント???

そんな問いを持ち歩く日々。

そして電波堂劇場もアルバムも整理する中で、発見。
祖父がこの空間をつくった頃の古い封筒です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

電波堂劇場(@okinawa_piano)がシェアした投稿

「記録」という言葉にハッとしました。

人が集まって「発表」はできなくても、それぞれが機材を持ち込んで「記録」し発信することはできる。
できる、どころか……それこそがピッタリの空間!!

目標を手放してみたら「使命」が見えてきました。

自分で自分を見る目というのは、思いのほか頼りないものなのかもしれません。
それよりも、すっかり忘れてしまっていたり、自分では気づかずにいた「使命」の方がずっと「ピッタリ」なのではと思うこのごろ。

あきらめるのではなく「信じて手放してみよう」と思います。
描かずに「まっさら」の中を「今日できることをひらすら」に進んだ先に、何が見えるのか?

今だからこそできることだから。
(こんなことでもなければ、ここまでの踏ん切りはつきませんでした。

あした、転機になぁれ!

コロナな今を乗り切るヒント集『かがみ屋へ、ようこそ。』
答えが見えないコロナな時代の、答えの見つけ方

自分の中にある答えを探しに行こう!
『かがみ屋へ、ようこそ。』(PDF版)、無料公開中。

こちらから。

紀々ねぇさんの様々な発信、一覧はこちら!

紀々ねぇさんの発信いろいろ一覧

自分とゆっくり向き合うマインドフルネス時間のBGMに♪

琉球・沖縄の音楽をピアノにアレンジ【BGM編】

ラララりうぼうヒットの舞台裏
聴く力から生まれたヒット~「ラララ♪りうぼう」がご当地ソングと呼ばれるまで 「ラララ♪りうぼう」を哲学してみます。ウチナーンチュならみんな歌えるあの曲、どうやって作ったんですか?よく聞かれる...