40代

若い頃に戻りたくなったら……~そんなあなたに伝えたい「年子さん」のこと

哲学×人生相談

若い頃に戻りた~い!
そう思うこと、ありますか?

今日は、そんなあなたに贈ります!

年を取ることは、不幸なのか?

「年齢」は、まさに哲学的な世界。

根拠なきまま「年のせい」で結論づけられることの摩訶不思議!
しかも、医師免許をもつプロフェッショナルまで「老化ですね~」と素人おばちゃんと同じ診断だったり。
そのわりには「年」というのは何歳からなのかはあいまいなまま。

それって、ホントに年のせいですか?

これまでに、何度聞いてきたかわからない。
そのたびに「やっぱり哲学やってる人って変わってるね~」と引かれて終わり。

これでは「年は取りたくない」という結論で終わってしまうではないか!

そんな夢のない話、私はまったくもって納得いかない。
若い人にも申し訳ない。
なにより一緒に人生を歩いてきてくれている「年」そのものに申し訳ない。

そんな気持ちから「年子さん」といううたが生まれたのでした。
あなたに目を背けられている「年齢=年子さん」の気持ち、考えてみませんか?(歌もあります)

年のせいが気になったら
Q.やっぱり「年のせい」でしょうか?~40代の生き方を考える早稲田大学で東洋哲学を学んだ哲楽家の紀々ねぇさんが、あらゆる悩みに「転機のきっかけ」を届ける哲学の辞典をつくりたい!という気持ちで綴るブログです。自身も45歳で転機を迎える紀々ねぇさんが「年を重ねること」へのお悩みに寄り添い、哲学します。...

そして、勝間和代さんの動画にもうなずきいっぱい。(最後にご紹介します)

私は、若い頃の方がかなり生きづらさを感じていたので、いまの方がずっと楽しく自分らしくいられてうれしいです。

いま生きづらさを感じている若い方々へ。
大丈夫です、年を取ることを楽しみにしていて下さい。
このつらさは、年を重ねた時にちゃんと報われますから。

あした、転機になぁれ!

 

 

 

コロナな今を乗り切るヒント集『かがみ屋へ、ようこそ。』