これからの生き方を考える

AI時代に私たちはどう生きる?~落合陽一さん×山口周さんの対談から考えてみた

哲学の時代が来た!

コロナがなくても、やっぱり「答えなき時代にどう生きるか?」は考えなければいけなかったんだ。
このところ、あらためてそう思います。

「仕事、辞めようと思って」という声も、私の周りで届くようになりました。
「悩みどき」から「決めどき」へと変わってきたようです。

落合陽一さん×山口周さんの対談ビデオからもそんな流れを感じたので、ご紹介しつつ。

AI時代に足りないものは?~昭和の時代のスゴさに学ぼう

先端って、行けば行くほど不安度が高まるんだよね。
だから根っこは、ホッとする。
紀々さんに会うとホッとするって、そう言うことだと思う。

応援して下さる方からの言葉を、ふと思い出しました。
電波堂劇場も、まさに「ホッとする」と言われる場でした。
それは、ソニー坊やも同じで、単にレトロということだけでなく、何か「根」と「魂」というふたつの「コン」があるように思えて仕方ありません。

ソニー坊や人形
沖縄のソニー坊やと紀々ねぇさん~はじめまして編   突然ですが……  「ソニー坊や」をご存知ですか?  紀々ねぇさんが「沖縄のソニー坊や」についてお伝えするのは、理由があ...

懐かしむ感覚ではなく、本気で戦後の沖縄をつくってきたあの時代から力をもらおう!という気持ちです。
今が、ギリギリ間に合うタイミングなのかもしれません。

withコロナ&AI時代に生き残るには、やっぱり想像力!

先日の記事でも書きましたが、withコロナ時代・AIの時代に生き残るためにはやっぱり「想像力」がカギになるのではと思います。

哲学もそうでしたが「アートに関わる人など特別な人に必要なもの」と思われがちだった想像力が、これからは「生きるために必須」なものになる。
これが紀々予測で、私にとっては「想像力=哲学する力」でもあります。

哲学の時代が来た!
「想像力」を鍛えるべし!~コロナな時代を生きる力早稲田大学で東洋哲学を学んだ紀々ねぇさんが「コロナ時代の生き方」を哲学します。このところ注目されている「想像力」。なぜ感染症と向き合う時に想像力が必要なのか? 紀々ねぇさんの視点で哲学します。あした、転機になぁれ!...

「哲学する習慣」のススメを、これからはもっと本気で!

私は、東哲女(とうてつおんな)と呼ばれて「哲学やる人は変わりモノ」「若い女性がを語るなんて生意気!」などと冷たい目を向けられてきた時代が長かったので、「もっと自分と向き合ったほうがいい!」「その問題も、きっと自分と向き合うことで解決策が見つかるはず!」「哲学って面白いよ!」と声を大にしてきたつもりが……たぶん、まだまだ小声だったのだと思います。

でも、ここまできたら……そんなのかなぐり捨てて、本気で声を大にして伝えようと決めました。

世界中の人に届かなくていいんです。
ただ、ピンとくる人・本気で転機を目指そうともがいている人に届くことを願って。

あした、転機になぁれ!

 

哲学の時代が来た!
落合陽一さんも注目する「東洋思想」の可能性とは?~東哲女が語る!早稲田大学で東洋哲学を学んだ哲楽家の紀々ねぇさんが、「なぜいま東洋哲学が注目されているのか?」を哲学します。...

自分と向き合う時間・マインドフルネス時間のBGMに、どうぞ。

ピアノで琉球音楽を
「眠れない」あなたに眠ってほしいから~マインドフルネスな琉球古典×piano早稲田大学で東洋哲学を学んだ紀々ねぇさんの、琉球・沖縄の音楽をピアノでアレンジ&やさしく弾けるピアノの楽譜をつくる挑戦の日々のレポート。眠れない時に聴いてほしいマインドフルネスな琉球古典をご紹介します。弾いても聴いてもリラックスできるステキな効果を感じて頂けたらと願いつつ。...
コロナな今を乗り切るヒント集『かがみ屋へ、ようこそ。』
答えが見えないコロナな時代の、答えの見つけ方

自分の中にある答えを探しに行こう!
『かがみ屋へ、ようこそ。』(PDF版)、無料公開中。

こちらから。

じっくりプロと一緒に向き合いたい方への応援プラン

パーソナルな哲学サポート

自分とゆっくり向き合うマインドフルネス時間のBGMに♪

琉球・沖縄の音楽をピアノにアレンジ【BGM編】