東洋哲学

思いがけないうれしいご縁!~20年前の私に伝えたいこと

哲学の時代が来た!

『渋沢栄一と陽明学』。

時代にも、そして私の関心にもドンピシャな一冊に出合い、そのことをブログに書いたところ、なんとなんと……

著者の林田先生が、Twitterでメッセージ下さいました!

「何が悲しくて東哲(東洋哲学専修のこと)へ行くの?」と言われながら、大好きな陽明学を追いかけた、20年前の私に教えてあげたい。

「陽明学は、大河ドラマがきっかけで注目されるんだよ!」

金にもならず、役にも立たない。
そう言われた東洋哲学は、間違いなく「生きていく力」になってくれているし、これからの時代を「生き抜く力」になれると、あらためて信じてみようと勇気を頂きました。

東哲女、まいります!

コロナな今を乗り切るヒント集『かがみ屋へ、ようこそ。』
答えが見えないコロナな時代の、答えの見つけ方

自分の中にある答えを探しに行こう!
『かがみ屋へ、ようこそ。』(PDF版)、無料公開中。

こちらから。

紀々ねぇさんの様々な発信、一覧はこちら!

紀々ねぇさんの発信いろいろ一覧

自分とゆっくり向き合うマインドフルネス時間のBGMに♪

琉球・沖縄の音楽をピアノにアレンジ【BGM編】

ラララりうぼうヒットの舞台裏
聴く力から生まれたヒット~「ラララ♪りうぼう」がご当地ソングと呼ばれるまで 「ラララ♪りうぼう」を哲学してみます。ウチナーンチュならみんな歌えるあの曲、どうやって作ったんですか?よく聞かれる...