電波堂劇場とピアノのこと

8月15日に捧げるピアノ~埴生の宿・月の美しゃ

8月15日に捧げるピアノ

今日は、8月15日。
電波堂劇場でピアノを弾きました。

ソニー坊やのコンクリート像と、電波堂劇場を残した祖父。

本部町謝花のソニー坊や
本部町謝花のソニー坊や&ソニーちゃん、コロナニ負ケズ「夏モード」!県内外にファンをもつ、沖縄に残るコンクリート像のソニー坊やを建てた新川唯介氏の孫娘:紀々ねぇさんによるレポート。本部町謝花のソニー坊やとソニーちゃんの貴重な近況が届きました!...

「キミたちは前を向いて生きて行くんだよ」と、ほとんど戦争のことは語らなかった祖父のことを思う日に、いつも弾いている曲があります。
今日は、そんな特別な曲についてお届けします。

☆ このブログが目指すこと

いつの頃からか、私は「ピアノでお祈りする」ようになりました。
特定の宗教はないのですが、私は小さい頃から何かに勝手にお祈りするクセがあったようです。
はい、まちがいなく「ふしぎチャン」(笑)。

祖父母と

十代から舞台に立っていたので、法事や行事に参加できないこともたびたびでした。
そんな時「自分ができるカタチで手を合わせる」という習慣が始まったのだと思います。

祖父母はいつも「紀子がいるところで祈ればいいから」と言ってくれていました。
なので、祖父や祖母にもらった想い出のアイテムを身に着けて、本番に臨んだこともたびたび。
「紀子ちゃんは本番がんばって!」と送り出してくれる親族のみなさんに感謝です。

私にとってピアノを弾くことは、芸術活動というよりは「応援やお祈り」が近いのだと思います。
あとは、禅と遊びかな。

これまでは、舞台ではない「ピアノとふたりだけで向き合っている時間」を記録することはほとんどありませんでしたが、思いのほかみなさんにも楽しんで頂けるようなので、これからは「舞台裏」もお届けしたいと思います。

心静かに故郷を想う時間に、ご一緒頂けたら幸せです。

 

慰霊の日の紅型展示
慰霊の日に~孫の詫び状と紅型のこと不思議なご縁がつながり、紀々ねぇさんの母校の首里高校の染織デザイン科の卒業生が制作した大きな紅型パネルが、沖縄こどもの国に寄贈されました。生命(いのち)と名付けられた動物がたくさん描かれた紅型は、慰霊の日に展示されています。その不思議なエピソードと、戦争をくぐり抜けた祖父との想い出を綴ります。...
コロナな今を乗り切るヒント集『かがみ屋へ、ようこそ。』
答えが見えないコロナな時代の、答えの見つけ方

自分の中にある答えを探しに行こう!
『かがみ屋へ、ようこそ。』(PDF版)、無料公開中。

こちらから。

じっくりプロと一緒に向き合いたい方への応援プラン

パーソナルな哲学サポート

自分とゆっくり向き合うマインドフルネス時間のBGMに♪

琉球・沖縄の音楽をピアノにアレンジ【BGM編】