これからの生き方を考える

お別れと祈りのカタチ~命日のピアノ

電波堂劇場より

電波堂劇場は、グランドピアノのあるハコです。
そう言ってしまえば、沖縄県内にいくつもある「ピアノのあるハコのひとつ」。

でも、そんなハコでは、本当にたくさんのドラマのような出来事があります。
ピアノにまつわる人生は、ドラマティック。
「本を書いたら?」と言われるほどです。

今日は、そんな電波堂劇場で出会ったピアノ好きさんの人生を、ご紹介させて下さい。

亡き人を想うカタチ~寄り添うピアノ

もう何年か前のことです。
一人の女性から、ピアノのご予約を頂きました。

私は、基本的には必要なこと以外は、こちらから聞かないようにしています。
特に、初めての方が来て下さった時には、まずはピアノを弾いてもらうことを大事にしたいので、簡単なご挨拶と会場の説明をして、ピアノにバトンタッチします。

その日も、そのようにして裏の事務所で仕事をしていました。

事務所では、ピアノの音色が聴こえるのですが、この時のピアノはちょっと不思議な感じがしました。

特定の曲を練習する感じでもなく……「ポロン ポロロン」と、まるで、ポツリポツリと語る無口な人のような音色が聴こえてきたのです。

もしかすると、あまりピアノを弾いたことのない人なのかも。
そんな気もしました。

だとすると、どうしてわざわざグランドピアノを弾きに来てくれたんだろう?

終わる頃、ホールに出てお声をかけました。
すると、来た時よりスッキリとした表情で、女性が話しかけてくれました。

「ありがとうございました。今日は、母の命日だったので、ピアノを弾きに来ました。私は、~~~の娘です。」

私が、学生時代にとてもお世話になった先生の娘さんでした。

「母はいつも、あなたのことをうれしそうに話してくれていました。だからきっと、喜んでくれていると思います」

先生が結んで下さったご縁に驚きと感激で、すぐには言葉が見つけられず……

「来て下さって、本当にありがとうございました」

出てきたのは、そんなありきたりな言葉になってしまいました。

あの不思議なピアノの音色は、命日の対話だったのでした。
亡き人を想うピアノ……ピアノは、どんな気持ちだったのかな?
きっと、ぜんぶ知っていたのだろうなぁと思いました。

あなたがその人を想う時に、その人はそこにいるから。

舞台に立つ仕事をしていると、どうしても法事にも参加できないことがたびたびあり、そんな私に、母や祖母がいつもそう言ってくれました。
電波堂劇場は教会やお寺ではありませんが、ピアノという存在は、もしかすると「何かに祈る時に寄り添う存在」にもなれるのかもしれません。

娘さんをお見送りしてから、私も、先生を想ってピアノを弾きました。

「先生、娘さんにお会いできましたよ」

ちょうど、電波堂劇場を残した祖父と、電波堂劇場の誕生日と同じ時期。
毎年思い出す、大切なエピソードです。

紀々と虹の階段
電波堂劇場について~グランドピアノのある沖縄のレトロなピアノスタジオ那覇市久茂地にあるレトロなピアノスタジオ「電波堂劇場」のご紹介です。弾く人を応援してくれると好評の、機嫌のいいグランドピアノがお待ちしています。あした、転機になぁれ!...
コロナな今を乗り切るヒント集『かがみ屋へ、ようこそ。』
答えが見えないコロナな時代の、答えの見つけ方

自分の中にある答えを探しに行こう!
『かがみ屋へ、ようこそ。』(PDF版)、無料公開中。

こちらから。

紀々ねぇさんの様々な発信、一覧はこちら!

紀々ねぇさんの発信いろいろ一覧

自分とゆっくり向き合うマインドフルネス時間のBGMに♪

琉球・沖縄の音楽をピアノにアレンジ【BGM編】

ラララりうぼうヒットの舞台裏
聴く力から生まれたヒット~「ラララ♪りうぼう」がご当地ソングと呼ばれるまで 「ラララ♪りうぼう」を哲学してみます。ウチナーンチュならみんな歌えるあの曲、どうやって作ったんですか?よく聞かれる...