電波堂劇場とピアノのこと

コンクールは大変!~舞台からは見えない沖縄の苦労

電波堂劇場より

舞台は一県、とっても華やかに見えます。
それは……「その部分しか見えない」から。

でも、舞台裏(当日のみならず、その日に向けての日々も含めて)には、本当に苦労がいっぱい。
舞台に出ない人の苦労の方が、実は多いくらい。

舞台の魅力やミラクルは、そんな日々があって生まれているということを、電波堂劇場のオーナーの視点で少しお届けしたいと思います。

あした、転機になぁれ!

「コンクールの練習会場を探せ!」の巻

ピアノコンクールの前日・当日に、ピアノの練習をしたい。
沖縄旅行中にも、ピアノの練習は続けたい。

そんな声は、思った以上に多く……はじめは、私も驚きました。
でも実は、私自身も楽器が弾けなくなるのがイヤで、高校時代の修学旅行には参加しませんでした。

技術を磨くというのは、そういうもの。
その点は、とてもよく理解できます。

ところが。

沖縄には(特に那覇市内には)……ピアノの練習会場が、とにかく足りない!
この問題が、こんなに深刻であるとは知りませんでした。

本番用のホールはあるのです。
でも、練習会場がない。
あっても、土日祝日はお休みだったり、早朝・夜間は開いていなかったり……かなり不便。

そして、ピアノのソロ練習以上に難しいのが「吹奏楽」と「合唱」の練習です。
ピアノのレンタルルームは、たいていはグランドピアノが1台入るくらいの広さ。

グランドピアノがあって、広さもある会場というのが……本当に、ない。
そのため「探して・探して、やっと電波堂劇場にたどり着きました!」という方や、「なかなか那覇市内にピアノのある練習会場が見つからなくて、とっても助かりました!」とホッとされる方にお会いすることも、少しずつ増えていました。

沖縄も島ですが、さらにいくつもの離島があり、本島での練習会場探しにはご苦労がいっぱい。
そんな苦労を少しでも軽くできたら、といつも思っています。

「来年もまた、みんなで来られるように頑張ります!」
そんな声に、私もピアノもいつも元気をもらっています。

レトロな空間の限られた時間ではありますが、精いっぱい、がんばるピアノ好きさんにピアノを弾いてもらえるように、しっかりピアノを守っていきたいと思います。

ラジオも、どうぞ。

電波堂劇場より
電波堂劇場より、ピアノ貸切タイムセールのお知らせ(追加しました)那覇市にあるグランドピアノと高い天井&響きが自慢のピアノスタジオ「電波堂劇場」より、貸切タイムセールのお知らせです。コロナ禍でも、少しでもピアノ好きさんに楽しく弾いてもらえますように願いつつ。あした、転機になぁれ!...
コロナな今を乗り切るヒント集『かがみ屋へ、ようこそ。』
答えが見えないコロナな時代の、答えの見つけ方

自分の中にある答えを探しに行こう!
『かがみ屋へ、ようこそ。』(PDF版)、無料公開中。

こちらから。

紀々ねぇさんの様々な発信、一覧はこちら!

紀々ねぇさんの発信いろいろ一覧

自分とゆっくり向き合うマインドフルネス時間のBGMに♪

琉球・沖縄の音楽をピアノにアレンジ【BGM編】

ラララりうぼうヒットの舞台裏
聴く力から生まれたヒット~「ラララ♪りうぼう」がご当地ソングと呼ばれるまで 「ラララ♪りうぼう」を哲学してみます。ウチナーンチュならみんな歌えるあの曲、どうやって作ったんですか?よく聞かれる...