メンタルトレーニング

「セルフケア」力の高め方~小さなルーティーンの効果実感中!

哲楽家の人生相談

スタエフことstand.fmで、「自分自身と向き合う小さな習慣」をお届けしています。

地味で地道なひととき。

でも、思いのほか効果がありました!

セルフケアのためには、黄色信号が大事でした。

「医者いらず」と言うと、なんだかお医者さんに失礼な気がしていました。(私だけ?)
でも、決してその職業がいらないというわけではなく、私も、尊敬しているお医者さんは何人もいらっしゃいます。

では、どういうこと?

心も身体も「セルフケアできる範囲を広げる」ことで、「お医者さんでなければできないこと」だけ力をお借りする。

これが、自分にとってはもちろん、医療費削減という社会的な意味でも「しあわせ」なのではないかと思うのです。

医師免許を持っていなくても出来るコトは、やってみよう。
96歳まで元気に人生を送っていた祖母から学んだことです。

そのひとつが……

毎日ちょっとだけ自分の心身の調子を確認して整える習慣。

すると、お医者さんの力が必要な「赤信号」状態の手前の「黄色信号」に気づけるようになりました。
「間に合った~!」という状態。

ここでセルフケアが出来れば、青信号に戻すことが出来る場合が多いです。

うつ病になる手前の「うつっぽさ」は、まだタネの状態。
この時にセルフケアがあれば、タネは「病」ではなく「元気」の花を咲かせてくれる可能性は大いにあります。

人の心と向き合ってきて20年。
そんなミラクルはいくつもありました。

だから私は、セルフケアを伝えていきたい・力になりたいと強く思っています。
それが、音声配信を続ける大きな原動力のひとつ。

沖縄の風と空気もセットになれば、きっとそのパワーは力強くなるはず!

そう信じています。

あした、転機になぁれ!

コロナな今を乗り切るヒント集『かがみ屋へ、ようこそ。』
答えが見えないコロナな時代の、答えの見つけ方

自分の中にある答えを探しに行こう!
『かがみ屋へ、ようこそ。』(PDF版)、無料公開中。

こちらから。

紀々ねぇさんの様々な発信、一覧はこちら!

紀々ねぇさんの発信いろいろ一覧

自分とゆっくり向き合うマインドフルネス時間のBGMに♪

琉球・沖縄の音楽をピアノにアレンジ【BGM編】

ラララりうぼうヒットの舞台裏
聴く力から生まれたヒット~「ラララ♪りうぼう」がご当地ソングと呼ばれるまで 「ラララ♪りうぼう」を哲学してみます。ウチナーンチュならみんな歌えるあの曲、どうやって作ったんですか?よく聞かれる...