これからの生き方を考える

コロナ禍をチャンスにする方法~紀々ねぇさんの場合

哲学の時代が来た!

コロナ禍に、出来なくなったこともたくさんあったけれど、「コロナのお蔭で出来たこと」もたくさん。
もしかすると、今になってみたら「出来たこと」の方が多いのではと感じています。

その一つが……「じっくり哲学する時間」。

withコロナ時代は「哲学する時代」だと思う~紀々占い!?

きっとこれまでも「今できないこと」は色々あったんだ。
でも、そのことに目を向けなくても進んでこられたから、気にしなかっただけ。

あれ?

実は、ちょっと気にしていました。
「時間ができたらゆっくり考えなくちゃ」「いつか落ち着いて向き合わないと」と思っていたアレコレがあったことに驚いた2020年。

あなたは、ありませんでしたか?

私の「いつかBOX」には、思った以上にいろんなものが詰まっていました。
そんな一つずつに向き合って、じっくり取り組んでみると……

「あぁ、このまま50歳になってしまわなくて本当によかった!」

そう思いました。
思った、というよりは「ちょっとドキッとした」……う~ん「ゾッとした」という感覚。

これからの時代は「哲学する」時代なのだとあらためて感じました。
大ヒット中の「鬼滅の刃」で「考えろ!」が一つのテーマになったのも、きっとそういうことだと勝手に思っています。

何も考えずに「みんなと一緒に」踊った(色々な意味で)、あのバブルのちょうど反対。

じっくり考えて・他人と比べず「自分の」答えを見つけて・踊らされるのではなく自分で動く。

そんな「哲学する生き方」が、生きる力になる時代なのだと思います。
この予言、当たるかな???

さてさて、紀々占いの結果はいかに!
未来のお楽しみに。

あした、転機になぁれ!

鬼滅の刃と東洋哲学の世界感
鬼滅の刃の大ブームに東哲女が思うこと~なぜ今、東洋哲学なのか?早稲田大学で東洋哲学を学んだ紀々ねぇさんが「鬼滅の刃」の大ブームの向こう側にある「時代に求められているモノ」を哲学してみました。withコロナの生き方を考えるヒントになれば幸いです。あした、転機になぁれ!...
コロナな今を乗り切るヒント集『かがみ屋へ、ようこそ。』
答えが見えないコロナな時代の、答えの見つけ方

自分の中にある答えを探しに行こう!
『かがみ屋へ、ようこそ。』(PDF版)、無料公開中。

こちらから。

紀々ねぇさんの様々な発信、一覧はこちら!

紀々ねぇさんの発信いろいろ一覧

自分とゆっくり向き合うマインドフルネス時間のBGMに♪

琉球・沖縄の音楽をピアノにアレンジ【BGM編】

ラララりうぼうヒットの舞台裏
聴く力から生まれたヒット~「ラララ♪りうぼう」がご当地ソングと呼ばれるまで 「ラララ♪りうぼう」を哲学してみます。ウチナーンチュならみんな歌えるあの曲、どうやって作ったんですか?よく聞かれる...