これからの生き方を考える

疲れたら「立ちっぱなし」がオススメな理由~部屋からイスをなくしました

哲学するラジオ

コロナ禍で……
運動不足が気になる。
でも、ジムに通う時間はないし。

はい。
これは、私です(笑)。

そんな私がたどり着いた、新しい生活のご紹介を。

「立ちっぱなしは疲れる」というのは、ウソだった!?

「立ちっぱなしだと疲れるでしょ? おかけ下さい」
これまで、何も考えずにそんな会話をしていました。

ところが……

座りっぱなしの状態は、身体にとって負担が大きい。
立つだけで、筋肉が使われている。

そんなアドバイスに、目をパチクリ!

きっかけは、とある本の出版社の企画で開催されたセミナーでした。
仲野孝明先生の『調子いい!がずっとつづくカラダの使い方』

「少しでも、立つ時間を増やして背伸びをするだけでも変わるはずです」

先生の言葉にピンときた私は、ちょうど断捨離キャンペーンだったので……

・イスを撤去
・家にあった木箱を机に置いて、ノートPCのスタンドデスクに
・カメラの三脚を机に置いて、スタエフことstand.fmの収録も立ってできるようにスタンバイ

コスト0円&リスクゼロなら、まずやってみる!というわけで、さっそく挑戦。

これが、本当に私にはピッタリ。
わざわざジムに通うという時間が勿体ないなぁと思ってしまう私にとって、「こういう生活を探してました!」な生活でした。

そういえば私は、仕事柄「現場を巡ってちょこちょこ雑談コミュニケーション」をとることも多く、また舞台でもリハから本番まで立ったままということの日常だったことを思い出し……「意外とつらくなかった」と気づきました。

音声配信でお話していると「私も立って仕事しています!」という方が何人かいらして、眠くもならないし快適とのことでした。

「お疲れですか? それなら、立ち話にしましょうか!」

これからは、そうお伝えしてみたいと思います。

あした、転機になぁれ!

仲野先生の動画も、どうぞ。

コロナな今を乗り切るヒント集『かがみ屋へ、ようこそ。』
答えが見えないコロナな時代の、答えの見つけ方

自分の中にある答えを探しに行こう!
『かがみ屋へ、ようこそ。』(PDF版)、無料公開中。

こちらから。

紀々ねぇさんの様々な発信、一覧はこちら!

紀々ねぇさんの発信いろいろ一覧

自分とゆっくり向き合うマインドフルネス時間のBGMに♪

琉球・沖縄の音楽をピアノにアレンジ【BGM編】

ラララりうぼうヒットの舞台裏
聴く力から生まれたヒット~「ラララ♪りうぼう」がご当地ソングと呼ばれるまで 「ラララ♪りうぼう」を哲学してみます。ウチナーンチュならみんな歌えるあの曲、どうやって作ったんですか?よく聞かれる...