幸福論

どうしたら幸せになれますか?~哲学する短歌

哲学する短歌

私が大学で哲学の道を選んだきっかけの一つは……「ギモン」でした。

「~~~があれば幸せ」「~~~になれば幸せ」

そんな「王道」「しあわせのものさし」は、もう通用しない時代になっているのでは? と感じていたのでした。

あれから20年。
メンタルヘルスの現場でたくさんのお悩みと向き合って、あらためてそう感じています。

あした、転機になぁれ!

どうしたら幸せになれますか?~哲学する短歌

「しあわせ」は
他人が決めたら
しあわせじゃない

しあわせのタネは
自給自足で

紀々

この投稿をInstagramで見る

 

紀々(@kiki.okinawa)がシェアした投稿

コロナな今を乗り切るヒント集『かがみ屋へ、ようこそ。』
答えが見えないコロナな時代の、答えの見つけ方

自分の中にある答えを探しに行こう!
『かがみ屋へ、ようこそ。』(PDF版)、無料公開中。

こちらから。

紀々ねぇさんの様々な発信、一覧はこちら!

紀々ねぇさんの発信いろいろ一覧

自分とゆっくり向き合うマインドフルネス時間のBGMに♪

琉球・沖縄の音楽をピアノにアレンジ【BGM編】

ラララりうぼうヒットの舞台裏
聴く力から生まれたヒット~「ラララ♪りうぼう」がご当地ソングと呼ばれるまで 「ラララ♪りうぼう」を哲学してみます。ウチナーンチュならみんな歌えるあの曲、どうやって作ったんですか?よく聞かれる...