MENU
これからの生き方を考える

習慣化を哲学する短歌~私がアクセサリーをつける理由

哲学する短歌

私がアクセサリーをこう考えるきっかけになったのは、エレクトーンの師から指輪を頂いたことでした。
指先まで意識を向ける訓練のために。

☆私が十代の頃に北九州に通ってレッスンを受けていた時のことは、こちらを。

抜け殻、早稲田へ行く!
抜け殻、ワセダへ行く!~自分の偏差値もわからない私は、どうやって早稲田に行ったのか?早稲田で東洋哲学を学んだ哲楽家の紀々ねぇさんは、実は、自分の偏差値も知りません。音楽も受験もあきらめて抜け殻になっていた高校時代から、どうやって早稲田への道が開けたのか? 悩む若い方々へ何か小さなヒントになればと、人生を語ります。あした、転機になぁれ!...

それを話したら、「そういえば昔は、忘れないために手首に輪ゴムつけるてる人がよくいたねー」とのこと。
知恵ですね。

あした、転機になぁれ!

習慣化を哲学する短歌~私がアクセサリーをつける理由

習慣を身につけるため
つけてみた

キミを見るたび
ハッとするんだ

紀々

この投稿をInstagramで見る

 

紀々(@kiki.okinawa)がシェアした投稿

コロナな今を乗り切るヒント集『かがみ屋へ、ようこそ。』