これからの生き方を考える

コロナ禍で「できなくなったこと」があっても…「なんくるすさ!」

今こそ届けたいウチナーグチ「なんくるすさ」

未来は予測できない私ですが、自分の未来について確信できたことがあります。
それは……

今こうして新しい一歩を踏み出せたのは「コロナのお蔭だ!」と感謝する日が、きっとくる。

ということ。

もちろん、電波堂劇場はすっかり活動縮小で大きすぎるダメージではあるけれど、「これまで通りだったら、きっと永遠にじっくり取り組めなかったこと」が動き出したのです。

それは「曲や言葉を形にして残す」作業。

ライブとライブ感が好きで、十代の頃からその世界にいた私にとって、残すという作業はちょっと気が進まないことでした。
でも、ソニー坊やの足跡をたどるうちに、残すことの大切さと残っていることのうれしさ・ワクワクを実感。

沖縄ソニー坊や情報と御礼
「沖縄ソニー坊や」の情報まとめと御礼!【更新 2020.8.24】沖縄県内外にファンを持つ、交通安全を願って建てられたコンクリート像のソニー坊や。これを建てた新川唯介氏を祖父にもつ紀々ねぇさんによるレポートです。...

何より、「歌いたい」「弾きたい」と言ってくれる人が現れてくれて、音源や楽譜・歌詞といった「渡せるバトン」をつくりたいとスイッチが入ったのでした。
DTMも久しぶりに本格始動。
頭から湯気が出そうになりながら、奮闘中。

できないことを数えているヒマなどない!
このモードは、なかなか強いかも。

そんな「生着替え」ならぬ「ナマ生まれ変わり」紀々レポートを、これからお届けしたいと思います。(ただいま準備中)
それでは、本日の「なんくるすさ!」noteを。

あした、転機になぁれ!
 ▼

コロナな今を乗り切るヒント集『かがみ屋へ、ようこそ。』