幸福論

しあわせになるために、やってみたこと~哲学する短歌

哲学する短歌

色々なことをやっていると言われる私ですが、ひとことで言うととってもシンプル。

その人が「しあわせ」になるために。

たったそれだけなのです。

「しあわせになりたい」と思っている人は多いのですが、「自分にとっての幸せ」についてハッキリしないことが多い。

だから、ハッキリすればいいんだ!

というわけで、これからも、手を変え言葉を変えて「しあわせ」について考えてみたいと思っています。
あきれずお付き合い頂けたらしあわせです。

だって「幸福論」は哲学の永遠のテーマなのですから。

あした、転機になぁれ!

しあわせになるために、やってみたこと~哲学する短歌

しあわせになろうとするの
やめてみた

気づけば私
しあわせだった

紀々

この投稿をInstagramで見る

 

紀々(@kiki.okinawa)がシェアした投稿

コロナな今を乗り切るヒント集『かがみ屋へ、ようこそ。』
答えが見えないコロナな時代の、答えの見つけ方

自分の中にある答えを探しに行こう!
『かがみ屋へ、ようこそ。』(PDF版)、無料公開中。

こちらから。

紀々ねぇさんの様々な発信、一覧はこちら!

紀々ねぇさんの発信いろいろ一覧

自分とゆっくり向き合うマインドフルネス時間のBGMに♪

琉球・沖縄の音楽をピアノにアレンジ【BGM編】

ラララりうぼうヒットの舞台裏
聴く力から生まれたヒット~「ラララ♪りうぼう」がご当地ソングと呼ばれるまで 「ラララ♪りうぼう」を哲学してみます。ウチナーンチュならみんな歌えるあの曲、どうやって作ったんですか?よく聞かれる...