ダイエット

Q.ダイエットしたいのですが、なかなか動き出せません。

哲学でダイエット

こんにちは、紀々ねぇさんです。

さてさて……「ダイエット」というお題とも、長いおつき合いとなりました。

といっても私自身は、「ストレスで食欲がなくなってしまい体重が落ちてしまうタイプ」なので、ダイエット経験はないのですが。

ダイエットに悩む方々と向き合う日々の現場レポート、お届けします!

紀々ねぇさんと「ダイエット」の関係については、こちらをどうぞ。

闘わないダイエット
ダイエットとメンタルはつながっている!と実感した出来事~ダイエットと哲学の可能性早稲田大学で東洋哲学専修を卒業後、自分と向き合い哲学することで「転機をサポートする」活動をしてきた紀々ねぇさん。ダイエットという悩みについても、きっと哲学することで転機を起こせるはず!『AERA』にも掲載された試みのレポート第一弾。...

☆ このブログが目指すこと

あなたが動き出すために必要なものは?

あなたは、ダイエットをしたいと思っているのですね。

そんなあなたに、お尋ねします。

Q.あなたがダイエットをしたい理由は何ですか?

理由がハッキリしないと動き出せない、というケースは多くあります。

私は、その典型。

周囲が受験勉強に必死になる中、どうしても自分が大学に行く理由が見つけられず(それまで、音楽一筋で突っ走ってきて突然やめてしまうことになり、行き先を見失ってしまっていたので)、高校3年になって「どうして大学に行くの?」とその問いを周囲にも投げかけてはあきれられていました。

もしもあなたが「まだ納得する理由が見つかっていない」のだとしたら、まずは「自分にとっての納得の理由」が必要なのかもしれません。

Q.今のままだと、何が問題なのでしょうか?

動き出すスイッチは、実は内側からしかONにならない。

私は、そう感じています。

「人間ドックでひっかかったから」

「誰かに言われたから」

そういう外側からの要因では、ONにならないのです。

気にはなっても。

自分で「これが問題だ!」と思えたら、きっと動き出せます。

問題であっても「自分にとって問題だ」と感じなければ、それは「問題ない(ことにしたい)」となってしまうもの。

問題がハッキリすることは、スイッチONにとって有効です。

Q.ダイエットの必要度は、どのくらいですか?~100%のうち何%?

さっきの「自分にとってどのくらい・何が問題か?」とつながるのですが、この問いかけも、定番です。

必要を感じていなければ、どんなにオススメ商品でも7割引でも、買いませんよね。

そういうことでした。

Q.いまの本気度は、どのくらい?

ハードルの高さよりも「本気度の高さ」。

その人が転機を起こせるかどうかは、ここにかかっていました。

本気スイッチさえONになれば、どんなにハードルが高くても心配無用です。

スイッチがONにならないまま無理にがんばっても、その努力は報われません。(またはリバウンドします)

是非、スイッチの確認をしましょう!

【結論】つらいなら、逃げていい

本気度が高くなるまでは、逃げていい。

ある時から私は、そう思うようになりました。

ダイエットに限らず「本気の転機=ミラクル」を起こすには、大きなエネルギーがいります。

それは、「しんどい」「おっくう」と感じることもあります。(実際、大変なこともあります)

なので、しぶしぶスタートするとかえって辛いし、上手くいきません。

もし「今度こそ、本気で転機を起こしたい!」と思ったら、そんな「しんどさ」「おっくうさ」は気にならなくなります。

その時までは、逃げていい。

ただし「逃げる」とちゃんと決めて、逃げる。

逃げていると自覚して、逃げる。

つまり、ごまかさない。

これが大事。

そうすると、いつか必ず時がきて……「逃げるのをやめたい・向き合いたい」と思うはず。

このタイミングを、しっかりつかまえて下さい。

いい転機を、願っています!

 

 

コロナな今を乗り切るヒント集『かがみ屋へ、ようこそ。』
答えが見えないコロナな時代の、答えの見つけ方

自分の中にある答えを探しに行こう!
『かがみ屋へ、ようこそ。』(PDF版)、無料公開中。

こちらから。

じっくりプロと一緒に向き合いたい方への応援プラン

パーソナルな哲学サポート