これからの生き方を考える

オンラインカウンセリングの効果と可能性~これからのカウンセリング

 紀々ねぇさんは音楽の人だと思われていますが、実は、人の心と向き合ってきて約20年のキャリアの持ち主。対面と電話を中心にお届けしてきたセッションでしたが、今、どうしても挑戦したいと思っていることがあるそうです。

 それが「オンラインカウンセリング」。
 コロナうつが増えているというニュースにふれ「24時間365日開いている無料でアートなオンラインカウンセリング室」をつくりたい!と奮闘中。
 今を乗り切る小さなヒントとなればと。

 その想いを聞かせてもらったので、お届けします。
 聞き流せるブログも公開しましたので、よろしければどうぞ。

オンラインカウンセリングの効果は?

 紀々ねぇさんが考えているオンラインカウンセリングは、できれば「テキスト(Eメールやメッセンジャーなど)」を中心にしたい。必要なら、通話。(対面は、どうしても必要な場合のみ)

 「顔の見えないオンラインカウンセリングで、本当に効果はあるの?」

 紀々ねぇさんの経験からたどり着いた答えは……

 YES!

 実は、かなりコスパも良いことがわかったのだそうです。

オンラインカウンセリング(テキストメッセージ編)のメリットとデメリット~これまでのカウンセリングの限界と課題

 紀々ねぇさんの場合。

メリット

 自分の都合のいい時間に自分のペースで受けられる(メッセージ送信は24時間いつでもOK。ゆっくり考えたい場合は、時間をとって考えてもOK)
  
 料金が低い(設備がシンプルでカウンセラーの負担も少なくできるため、手頃な価格でサポートできる)
 
 履歴が残る(振り返りができる)

 継続(行動や考えのクセはすぐには変わりにくいので、同じ予算なら120分の対面セッションのみよりも1ヶ月のオンラインの方が効果的な場合も多い)

デメリット

 顔が見えない不安(未経験の場合に多い。実際に受けた方からはその声はない)

 リアルタイムよりはペースがゆっくり(とにかくスピード重視!の緊急案件には不向き)→通話スタイルとの組み合わせが効果的

 こうして考えてみると、デメリットはかなり少ないと思います。特に、外出が難しい今はオンラインが「救いの神」にもなれると信じています。

 こう言えるようになったのは、キャリアを重ねてきたからこそ。リアルの現場で20年近く「人の心」と向き合わせてもらったお蔭で「デジタル」でもリアルの感覚を取り入れてサポートできるようになってきたと感じています。

 と熱く語っておりました。

オンラインカウンセリングの料金は?~無料の場合とどう考える?

 紀々ねぇさんの意見です。

 それぞれのサービスによりますが、対面よりはオンラインの方が安いと思います。

 無料の場合は、カウンセリングに限らず「何か理由がある」と考えた方が安全でしょう。特にカウンセリングの場合は、相談の内容などこちらの情報を開示するので「安心して話せる相手かどうか」はとても大事。かといって、高額なら信頼できるかというとそうとも限りません。そこが悩ましいところ。
 
 良いカウンセラーはどうやって探したらいいか?

 オススメは、

 本・ブログや動画など、カウンセラーが発信しているものを見る。「安」について「安価」と「安心」「安全」のバランスをしっかり見極める。直感も結構大切。
 
 短い期間でまずは試してみて、今の自分に合うサポートを探すのが良いと思います。

 とのことでした。

オンラインカウンセリングの可能性~紀々ねぇさんがブログで目指したいこと

 このところの引きこもり生活の中で、紀々ねぇさんはずっと考えていたそうです。そしてたどり着いたのが……

 24時間365日いつでも開いているアートなカウンセリング室。しかも無料で行ける。

 心療内科に行かなくても、もっと身近にカウンセリングに触れられたら……きっとブログだけでも解決できることはあるのでは?

 そんなに時間・お金をかけなくても、人は元気になれるはず。つまり、うつを防げる!

 いよいよ本気でそう思うようになったと力説していました。

紀々ねぇさんの切実な想い

 この異常事態に、紀々ねぇさんが音楽よりもオンラインカウンセリングに専念しようと決意したのには、理由がありました。

 「コロナうつ」という言葉を聞いたことがきっかけ。

 これからの時代を一緒に生きるメンバーに、とにかく元気でいてほしい! うつになってほしくない!

 この一心で、動き出したそうです。

 みんなの心が落ち着いたら、きっとアートが楽しめる状況になる。それまでまずは、自分は心のサポートに徹する。

 そう語っていました。

 いま紀々ねぇさんは、全力であなたの元気を願いつつ、このブログをつくっています。

 過去と他人は変えられないけれど、アシタ(明日)とアタシ(私)は変えられる。
 あした、転機になぁれ!

初めての方は、こちらもどうぞ。
  ▼

紀々の応援プラン。
  ▼

紀々へのお問い合わせはこちらへ。
  ▼

好奇心あふれる本好きさんへ、紀々ねぇさんのおススメ
  ▼

忙しい本好きさんなら、本を「聴こう」!
  ▼

あした、転機になぁれ!

哲学する紀々本『かがみ屋へ、ようこそ。』PDF版、無料公開中。

こちらから、ゆっくりどうぞ。

じっくりプロと一緒に向き合いたい方への応援プラン

私はきっと「いまが転機だと思う」!