沖縄の知恵袋&ウチナーグチ

「なんくるないさ」とあわせて知ってほしいウチナーグチ~「なんくるすさ」

「なんくるないさ」とあわせて知ってほしいウチナーグチ「なんくるすさ」

「なんくるないさ」という言葉は、ずいぶんとメジャーになりました。
でも、ウチナーンチュの私がお伝えしたいもう一つの大好きな言葉があるのです。

コロナな時代になて、「なんくるないさ」よりも今の心境にしっくりきた言葉なので、ご紹介させて頂きます。

☆ このブログが目指すこと

ウチナーンチュの私が思う「なんくるないさ」の意味

「なんくるないさ」は、日本語にすると「どうにかなる」という感じですが、その前に「まくとぅそーけー」というとっても大事な一文があります。

できることをちゃんとやっていたら、あとはどうにかなる。
つまり、アッケラカンと何もせずに「どうにかなる」ではなくて(そう誤解されていることも多いけれど)、「できることをすべてやり尽くした人」に対して、最後にかける……とても重たい言葉なのです。

「なんくる」ならないことも多いけれど……なんくるすさ!

でも、このコロナな事態になって……「なんくるないさ」とも言えないもどかしい状況が多くなりました。

そんな時に、何かいい言葉は?

そして浮かんだのが、懐かしい祖母との想い出の中によく登場してきた、あの言葉。

「なんくるすさ」
どうにかしよう、そんな意味です。(あくまでも私の想い出に基づく解釈)

頑張ろう、という言葉ともちょっと違うニュアンスで……戦後を乗り切ってきた沖縄の「立ち上がる力」が感じられる、とっても大好きなウチナーグチ。
「うた」にしたので、お届けします。

声楽家の曽根妙子さんとのコラボver.

ピアノで琉球音楽を
琉球×沖縄の音楽をピアノで弾いてほしい!~コロナな今こそできること琉球・沖縄の音楽をピアノで弾いてもらいたい!と挑戦を始めた、早稲田大学で東洋哲学を学んだ紀々ねぇさん。コロナな今だからこそできること、と三線片手にピアノと向き合う日々の哲学レポートです。あした、転機になぁれ!...

大好きなウチナーグチを歌にするシリーズ……「あんすぐとぅ」も、あわせてどうぞ。

コロナな今を乗り切るヒント集『かがみ屋へ、ようこそ。』
答えが見えないコロナな時代の、答えの見つけ方

自分の中にある答えを探しに行こう!
『かがみ屋へ、ようこそ。』(PDF版)、無料公開中。

こちらから。

じっくりプロと一緒に向き合いたい方への応援プラン

パーソナルな哲学サポート

自分とゆっくり向き合うマインドフルネス時間のBGMに♪

琉球・沖縄の音楽をピアノにアレンジ【BGM編】