電波堂劇場とピアノのこと

「しあわせになれる」ピアノ~私がピアノを守りたい理由

電波堂劇場より

「ピアノを弾く人は、お金持ち」
ピアノについて、そんなイメージを持つ人も少なくないようです。

お金持ちじゃないから、あなたは音大には行かせてあげられない。
裕福ではないから、我が家はピアノを買ってあげられない。

そんな事情から、子ども頃に習っていたピアノをあきらめたという方も、電波堂劇場には多く来て下さいます。

初めて来て下さった時は言葉少なで緊張気味なのですが、ピアノを弾いた後、ホッとした表情で話して下さる方は多いです。

そんな方のお話を聞かせてもらいながら「ピアノと人生」のつながりに感激いっぱい。

ピアノは逃げないから……またいつからでも弾ける。
あらためて実感しています。

大人になって、ピアノを再開する方々にお会いして教えてもらった「しあわせ」があります。

憧れを自分で叶えられる、しあわせ。
=自分のお金で好きなことができることは、とてもしあわせ!(やらされ感ゼロ、ワクワク感200%というのは、本当にすばらしいです!)

好きでいられる、しあわせ。
=実は、ピアノを早い時期に始めて嫌いになってしまって早くにやめてしまう人も少なくありません。
「上手になる」よりも「長く好きでいられる」方がしあわせ度が高い気がします。

他人と比べない、しあわせ。
=私自身も、コンクールなどで音楽で競争するのが本当に苦手でした。
大人になったら、もう比べる必要はありません。
挑戦するもよし、リフレッシュするもよし、「好きだからただ一緒にいたい」という気持ちだってOK!
これは、本当にしあわせな関係です。

電波堂劇場のピアノは、上手に、よりも何よりも「弾いてくれる人にしあわせになれるピアノ」でありたいと願っています。
しあわせの形は、人それぞれ。
だからこそ、その人とピアノの「しあわせな関係」を応援したいといつも思っています。

プロのピアニストでなくても、借りられますか?
コンクールではないのですが、弾いてもいいですか?
上手ではないのですが、弾かせてもらえますか?

もちろんです。
あなたが「ピアノが好き」で「ピアノを大切にしてくれる」人なら、ピアノも私も大歓迎です。

弾いてくれる人も、ピアノも、みんなが「しあわせ」になれる電波堂劇場。
これが、ピアノを守る私の願いです。

電波堂劇場の日々是ミラクル!
レトロなピアノスタジオ電波堂劇場との「日々是ミラクル」な日々那覇市久茂地のグランドピアノのあるレトロなピアノスタジオ「電波堂劇場」のオーナー紀々ねぇさんによる「電波堂劇場が残ることになったミラクルな日々の物語」。あきらめかけたあの日から、運命の出会いがつながって、今もピアノと一緒に元気に残っているレトロ空間を守って下さった応援団のみなさんへ感謝を込めて、お届けします。...
電波堂劇場より
電波堂劇場より、ピアノ貸切タイムセールのお知らせ(追加しました)那覇市にあるグランドピアノと高い天井&響きが自慢のピアノスタジオ「電波堂劇場」より、貸切タイムセールのお知らせです。コロナ禍でも、少しでもピアノ好きさんに楽しく弾いてもらえますように願いつつ。あした、転機になぁれ!...
電波堂劇場より
「小さなオープンピアノ」のお知らせ~弾く&聴く人:3名まで(日程追加しました)那覇市久茂地にあるレトロなピアノスタジオ「電波堂劇場」が、もっと気軽にみんなにグランドピアノを弾いてもらいたい!と企画した「オープンピアノ」のお知らせ。コロナ禍では、小さな規模で再開します。あした、転機になぁれ!...
コロナな今を乗り切るヒント集『かがみ屋へ、ようこそ。』
答えが見えないコロナな時代の、答えの見つけ方

自分の中にある答えを探しに行こう!
『かがみ屋へ、ようこそ。』(PDF版)、無料公開中。

こちらから。

紀々ねぇさんの様々な発信、一覧はこちら!

紀々ねぇさんの発信いろいろ一覧

自分とゆっくり向き合うマインドフルネス時間のBGMに♪

琉球・沖縄の音楽をピアノにアレンジ【BGM編】

ラララりうぼうヒットの舞台裏
聴く力から生まれたヒット~「ラララ♪りうぼう」がご当地ソングと呼ばれるまで 「ラララ♪りうぼう」を哲学してみます。ウチナーンチュならみんな歌えるあの曲、どうやって作ったんですか?よく聞かれる...