これからの生き方を考える

Q.緊急事態宣言の延長一ヶ月……元気に乗り切るには?

緊急事態宣言を元気に乗り切る

今日は、緊急事態宣言の延長のニュースが届いたので、ブログ臨時便をお届けします!

 緊急事態宣言の延長のニュース。

 約一ヶ月。

 文字にするとたったのこれだけですが、本当に大きいですよね。

 電波堂劇場も引き続きお休みになって、紀々ねぇさんもさすがに凹んでいるのでは?

 そう思っていたら、意外な言葉が返ってきました。

 今は、一ヶ月後どうなっているかはだれもわからない。
 これは私では何も決められない。

 でも、そんな中でも一つ決められることがある。

 「一ヶ月後、自分はどうなっていたいか?」

 決められないことに目を向けていては、不安でいっぱいでうつっぽくなっちゃうかも知れないし。

 だから、そこはもう……あきらめる!

 なんとスパッと!

 でも、考えてみればそうですよね。

 紀々ねぇさんは、

  • ブログと動画を1日1本ずつ公開して、作業にも慣れている私になる。
  • 「紀々ねぇさん」が板についた私になる。
  • 自分のジャンルを明確に描ける私になる。
  • ピアノが弾けるようになったら撮りたい動画のアイディアがある私になる。

 などなど、思い描いていくと一ヶ月で足りなさそうな勢いで語ってくれました。これが、紀々ねぇさん流の「今の乗り切り方」。

 嘆いても、描いても、経つのは同じ時間。
 「だったら、一ヶ月後の自分を描いてみない?」

 紀々ねぇさんがどうしてそんなにスッキリ前を向けるのか不思議で、つい質問してしまいました。

 すると……

 「だってもう45歳だから。悩んでる時間ないのよ、眉間のシワも増えちゃうし(笑)」

 年の功ってスバラシイ!!
 私も描いてみます。
 そして、前向いて乗り切りたいと思います。  
 
 過去と他人は変えられないけれど、アシタ(明日)とアタシ(私)は変えられる。あした、
 転機になぁれ!

初めての方は、こちらもどうぞ。
  ▼

好奇心いっぱいの本好きさんへおススメのサービス(紀々ねぇさんも大活用中です)
  ▼

 
 

コロナな今を乗り切るヒント集『かがみ屋へ、ようこそ。』

答えが見えないコロナな時代の、答えの見つけ方

自分の中にある答えを探しに行こう!
『かがみ屋へ、ようこそ。』(PDF版)、無料公開中。

こちらから。

https://piano.kikism.net/start-radio200928/

じっくりプロと一緒に向き合いたい方への応援プラン

パーソナルな哲学サポート

自分とゆっくり向き合うマインドフルネス時間のBGMに♪

琉球・沖縄の音楽をピアノにアレンジ【BGM編】

https://piano.kikism.net/story-ryubo-song/