これからの生き方を考える

Q.自分と向き合う効果は?~『かがみ屋へ、ようこそ。』へのうれしい反響

自分と向き合う効果

こんにちは、紀々ねぇさんです。

先日、『かがみ屋へ、ようこそ。』を読んで下さった方から、うれしい転機のニュースが届きました。

2007年に書いた小冊子ですが、それが今、小さな転機を起こしています。
かなり時間差がありましたが、今が「そのとき」なのかもしれないと感じています。

なので、お届けします!

☆ このブログが目指すこと

withコロナ・afterコロナな時代にこそ

『かがみ屋へ、ようこそ。』を読んで、前向きに動き出せるようになりました。

このところ、そんな声を頂いています。

100年に一度の事態、答えは誰もわからない。
でも実は、みんなに当てはまる「正解」はなくても大丈夫なのだと思います。

「自分の答え」が見つかれば。

『かがみ屋へ、ようこそ。』を書いたのは、自分と向きって「自分の答え」を見つける手助けになればと思ったからでした。

コロナな時代は「内に出かける」時代

遠くに出かけられなくなった。
たくさんの人で集まれなくなった。

でも、大丈夫。

答えは、外にはないから。

内に探しに出かけませんか?

広い世界というのは、実は、お金と時間を使って地球の裏側まで行かなくても、智恵と想像力を使って「今いるところ」で出合えるものだと思います。

友だちに直接は会えなくても、自分とゆっくり話してみよう。

目線が変わるだけで、風景は大きく変わる。

その効果の大きさを、読者のみなさんに教えてもらいました。

今だからこそ「かがみ屋」が必要なのかもしれない、という気持ちがふくらんでいます。

来年あたり、実現できたらいいな。
そんな想いで動き始めています。

ぜひ、応援して頂けませんか?

まずは、本の世界でお待ちしています。

コロナな今を乗り切るヒント集『かがみ屋へ、ようこそ。』
答えが見えないコロナな時代の、答えの見つけ方

自分の中にある答えを探しに行こう!
『かがみ屋へ、ようこそ。』(PDF版)、無料公開中。

こちらから。

じっくりプロと一緒に向き合いたい方への応援プラン

パーソナルな哲学サポート

自分とゆっくり向き合うマインドフルネス時間のBGMに♪

琉球・沖縄の音楽をピアノにアレンジ【BGM編】