おサイフ哲学(お金の哲学)

お金の悩みも心の悩みも……つながっていました!~コロナな今こそ「お金の悩み」を解決したい

つながりの哲学

「紀々さんは、本当に色んなことをしているのですね!」
これまでもそう驚かる人生でしたが、このところ「お金」についての哲学を始めると、ますます意外に思われるようです。

でも実は、お金の業界との関わりもかなりありました。
銀行も、貸金業界も、多重債務問題についても……詳しかったりします。
「貸金業界って、コワイのでは!?」と心配されることも多いのですが、たぶんそれは「ヤミ金」ですね(笑)。
貸金業界は怖い世界とはちがいます。

そんな「紀々が見てきた色んな世界」が、いよいよつながってきました!
コロナな時代にお金のお悩み・不安が多く届くようになったので、まずはお金という入口から哲学してまいります。

お金を哲学します
子ども時代の「お金の哲学」~私が受けた金銭教育と生き方の教育早稲田大学で東洋哲学を学んだ紀々ねぇさんが、コロナな時代にお金と人生を哲学する(考える)ブログ。自身が受けた子どもの頃からの「お金の教育」を振り返り、お金を哲学する習慣のヒントをお届けします。あした、転機になぁれ!...

☆ このブログが目指すこと

お金があったら、その不安は消えますか?

お金のゆとりが生まれたら、心にもゆとりができる。
心にゆとりがあれば、お金のことを見直すゆとりができる。
お金と心には、そんな「不思議なつながり」がありました。

「お金があれば解決できるのに……」
「お金がなければ無理」

実は、それも「(視野が狭くなってしまった)限定思考」。

本当は、お金以外の解決策もあるのに「お金しかない!」と限定されてしまい、アイディアや工夫が生まれなくなってしまっているのです。

そうすると、あらゆるものを「お金がないから」という理由で「私は不幸だ」と決めてしまい、あっという間に不幸度はMAXへ。
これは「どうせ年だから」と決めて不幸になってしまっている人と、同じ状況でした。

これを積み重ねた先には……「どうせ私なんて」という根拠のない、でもとても影響力の大きな不安につながっていることが多いです。

まずは「限定思考」から抜け出すこと。
矛盾するようですが「お金」の問題を解決するきっかけは「お金ではないところ」にあることは、本当によくありました。

ダイエットも同じ。
体重計とカロリーの数字しか目に入らなくなっていた状態から視野を広げることで、不思議と体重や体型が変わることは多く、みんなに驚かれました。

大切なことは「数字」ではないところにある。
でも、数字を手放すにははじめは勇気がいる。

そう感じます。

あなたのお金の悩みの向こうにあるのは「何の悩み」でしょうか?

だから、このブログや動画が少しでもその勇気の小さなきっかけになれたらと願いつつ、お届けしています。(これからも、お届けしていきますね)

あした、転機になぁれ!

自分とゆっくり向き合う時に、聴いて下さい。
そして、眠れない時にも。

ピアノで琉球音楽を
「眠れない」あなたに眠ってほしいから~マインドフルネスな琉球古典×piano早稲田大学で東洋哲学を学んだ紀々ねぇさんの、琉球・沖縄の音楽をピアノでアレンジ&やさしく弾けるピアノの楽譜をつくる挑戦の日々のレポート。眠れない時に聴いてほしいマインドフルネスな琉球古典をご紹介します。弾いても聴いてもリラックスできるステキな効果を感じて頂けたらと願いつつ。...
コロナな今を乗り切るヒント集『かがみ屋へ、ようこそ。』