お知らせ

音声配信と動画……つまり、哲楽家は何を届けたいのか?について

音声配信はじめます

「たとえ手から血がにじもうとも、その手を離してはいけません」
学生時代、哲学科の授業で先生がおっしゃった言葉の衝撃は、今でも覚えています。

「そんなこと、考えて何になるの? 1円にもならないでしょ?」と笑われてきたのでした。

「哲学好きな人ってさぁ、暗いんだよね~」というのも、よく言われる。(私が暗くないので、よく驚かれる)

「女が哲学を語るなんて不愉快だ」と言われたこともありました。(これ、今なら即アウトな発言)

別に私は、学術的な哲学を語ろうというつもりは20年間で一度もないのです。

ただ、「事態は何ひとつ変わらなくても(変えられなくても)、考え方ひとつで人生だって変わることがある」ということに感動し続けていて、そのことをお伝えしたいと思っているだけでした。

試行錯誤のお蔭で、やっとスッキリ見えてきました。
というわけで、もしもあなたの日々の小さな「なんくるすさ!」の応援団となれたらしあわせです。

あした、転機になぁれ!

コロナな今を乗り切るヒント集『かがみ屋へ、ようこそ。』
答えが見えないコロナな時代の、答えの見つけ方

自分の中にある答えを探しに行こう!
『かがみ屋へ、ようこそ。』(PDF版)、無料公開中。

こちらから。

紀々ねぇさんの様々な発信、一覧はこちら!

紀々ねぇさんの発信いろいろ一覧

自分とゆっくり向き合うマインドフルネス時間のBGMに♪

琉球・沖縄の音楽をピアノにアレンジ【BGM編】

ラララりうぼうヒットの舞台裏
聴く力から生まれたヒット~「ラララ♪りうぼう」がご当地ソングと呼ばれるまで 「ラララ♪りうぼう」を哲学してみます。ウチナーンチュならみんな歌えるあの曲、どうやって作ったんですか?よく聞かれる...