これからの生き方を考える

コミュニケーションを哲学してみた短歌

哲学する短歌

コミュニケーションを哲学してみた短歌

どうしても
変えられないのは
「過去・他人」

変えられるのは
「アシタ(明日)とアタシ(私)」

紀々

ちょこっと解説

結局は、ココなんだよね~。
何度思ったことでしょうか。

企業向けの講演会で多かったコミュニケーションのお悩みと向き合って生まれた言葉です。かれこれ15年にはなるかと。

私の原点です。

あした、転機になぁれ!

この投稿をInstagramで見る

 

紀々(@kiki.okinawa)がシェアした投稿

☆ 『かがみ屋へ、ようこそ。』も是非どうぞ。(無料公開中です)

コロナな今を乗り切るヒント集『かがみ屋へ、ようこそ。』
答えが見えないコロナな時代の、答えの見つけ方

自分の中にある答えを探しに行こう!
『かがみ屋へ、ようこそ。』(PDF版)、無料公開中。

こちらから。

紀々ねぇさんの様々な発信、一覧はこちら!

紀々ねぇさんの発信いろいろ一覧

自分とゆっくり向き合うマインドフルネス時間のBGMに♪

琉球・沖縄の音楽をピアノにアレンジ【BGM編】

ラララりうぼうヒットの舞台裏
聴く力から生まれたヒット~「ラララ♪りうぼう」がご当地ソングと呼ばれるまで 「ラララ♪りうぼう」を哲学してみます。ウチナーンチュならみんな歌えるあの曲、どうやって作ったんですか?よく聞かれる...