これからの生き方を考える

「空気を読む人が弱くなる」けんすう×佐久間Pのコロナ禍で変わる企画力

本のご紹介

紀々ねぇさんがピンときたサイト・本などをサクッとご紹介する、このコーナー!

母校のサイトより、こちらです。

「空気を読む人が弱くなる」けんすう×佐久間Pのコロナ禍で変わる企画力
https://www.waseda.jp/inst/weekly/features/specialissue-kikaku1/

そして、紀々感です。

「ピンチはチャンス!」と唱えただけでは、ピンチはチャンスにならない。

ピンチを「どうとらえれば」チャンスになるか?

ココが大事。

そして、それが……「哲学する」ということなのでした。

あなたは、どう考える?

そう問いかけられたような気がします。

起った出来事は変えられないけれど、とらえ方は選べる。

そして、そこからどうすか? それも、選べる。

いつでも、いくつになっても、誰でも。

……と、私自身にも伝えたい。

そんな気持ちになりました。

あした、転機になぁれ!

あなたも、わたしも。

哲学する紀々本『かがみ屋へ、ようこそ。』PDF無料公開中

 

コロナな今を乗り切るヒント集『かがみ屋へ、ようこそ。』
答えが見えないコロナな時代の、答えの見つけ方

自分の中にある答えを探しに行こう!
『かがみ屋へ、ようこそ。』(PDF版)、無料公開中。

こちらから。

じっくりプロと一緒に向き合いたい方への応援プラン

パーソナルな哲学サポート