これからの生き方を考える

40代の生き方を本気で考えることにした理由~40代は本当に大事です!

 「あの時、思いきり自分と向き合って考えてよかった」そう思える45歳にしたい。

 私が、あらためてブログを始めた理由のひとつ。

 それにしても日記が続いたためしがない心細さもあって、昨日一日、ブログのスタイルをどうするか考えてみました。
  ▼
 決定!(ひらめいた)
  ▼
 「私」ではなく「私を客観的に見守る誰か」の視点で書いてみよう。

 聞き流せるブログもアップしました。よろしければ、こちらもどうぞ!

自分を客観的に見守る効果

 自分と向き合う時「真正面にドンと陣取って」というのはオススメできません。(そうしたい気持ちはわかるけど)


 自分と向き合う時間を楽に効果的にしてくれるポイントは「第三者の視点」。2が3になるだけで、かなり強さ・安定感が出てくると感じています。

 これから始まる実験なのでまだ予測ではありますが、面白い効果がありそうだと感じています。例えば……

 ・ニュートラルになれる
  =反省し過ぎ・楽観視し過ぎ・怒り過ぎの予防になるはず。


 ・素直になれる
  =いいところを認める・許してあげることが素直にできるはず。(いつもは手厳しめになってしまうから。ゴメンね、私)


 ・事実と感情を別々に眺めることができる
  =つまり、真実が見えてくる。

 このあたりに期待しています。

 なので、効果がちゃんと実感できたらもっと大々的に「自分と向き合うおススメの方法」を発表いたします!ご期待下さい。

40代の生き方が大事だと思う理由~その「差」はどこから?

 それは……

 「これまで」と「これから」のつなぎ目だから。

 30代までは、模索。外から学ぶ時期。

 40代は、創作。内と向き合い自分の中の答えを探す時期。
 これまでもらってきたバトンをもとに、次は「受け渡すバトン」の形を作り始める(創作する)時なのだと思います。      

 じっくり丁寧に作るのか、テキトーにパパッとごまかすのか。

 それできっと50代は大きく変わってくるのではと。(あ~ドキドキ!)
 実は、30代に「どれだけ自分と向き合ったか」の差が40代に出ています。(あくまでも、私の肌感覚)

 20代までは、同じ年の人とそんなに違いはなかったはずなのに、30代後半くらいからは子どもが正直にリアクションするような「差」が現れる。体型や肌の状態など。

 あぁ、「自分がつくったものが出てくる」というのはこういうことなのか。

 祖母や母に言われていたことを実感。だからこそ、思うこと。

 外見は、私が作っていくのだ!

 なりたい姿に向けて、生きて行けばいい。そう気づきました。

つまり。

 答えはシンプルでした。
 でも、キビシ~!

 この厳しさをひとりで背負い込んで、自分と向き合うのが辛さとなってしまわないように。
 「セイカイ(正解)」ではなく「ユカイ(愉快)」というワクワクの解(答え)を見つけられるように。

 そのために、私は応援団となれたらと思っています。まずは、自分を励ますことから始めます!

 「若さでどうにかなる」というハンデなしの大人の勝負のはじまり。

 このステージを元気に迎えられたことに感謝しつつ、シャキッと臨みます。

 過去と他人は変えられないけれど、アシタ(明日)とアタシ(私)は変えられる。あした、転機になぁれ!

初めての方は、こちらもどうぞ。
  ▼

紀々の応援プラン。
  ▼

紀々へのお問い合わせはこちらへ。
  ▼

コロナな今を乗り切るヒント集『かがみ屋へ、ようこそ。』

答えが見えないコロナな時代の、答えの見つけ方

自分の中にある答えを探しに行こう!
『かがみ屋へ、ようこそ。』(PDF版)、無料公開中。

こちらから。

https://piano.kikism.net/start-radio200928/

じっくりプロと一緒に向き合いたい女性の転機応援プラン

女性のためのパーソナルな哲学サポート

自分とゆっくり向き合うマインドフルネス時間のBGMに♪

琉球・沖縄の音楽をピアノにアレンジ【BGM編】

https://piano.kikism.net/story-ryubo-song/