これからの生き方を考える

ピンチをチャンスにするのは難しい? ならばキャンペーンにしよう!のススメ

GoToキャンペーンのかわりに、私もキャンペーン!

GoToキャンペーンの騒ぎについて行けていない紀々ねぇさんですが、お蔭で哲学のヒントが見つかったので、動画とブログでお届けします。

ちなみに、紀々ねぇさんはどこに行くかって?

えぇ、出かけますとも!
自分の可能性を探す旅に出かけます、引き続き。
なので、もう少し電波堂劇場は留守にしますが、ピアノとの新しい出発に向けてしっかりまいります。

もし「どこにも行くとこないなぁ」という方は、ぜひ私と一緒に出かけませんか?

☆ このブログが目指すこと

ピンチはチャンスに出来なくてもOK!ということ

ピンチはチャンス!……に出来ないことも、あります。
そう思っても、なかなか切り替えられない現実にトホホと思うことは、たびたび。(むしろ、そっちの方が多い)

まずは、ピンチというポイントから「脱出」することが大事。
ピンチというゴールに一気にたどり着かなくてもOK!

そこでおススメなのが……(ジャパネットたかた風)

Myキャンペーン

それでは、哲学してまいります!!

ピンチを「Myキャンペーン」に切り替えるための手順(簡単すぎてゴメンナサイ!)

そうだ、これは「ピンチではなく、ひたすら自分と向き合ってみるキャンペーンだ!」というのが、私の場合。

つい先日までは「断捨離キャンペーン!」「健診キャンペーン!(歯科と内科に行きました)」「色々な手続きキャンペーン!(役所や免許更新など「行かなきゃ」と思っていた手続き系を一気にクリアしました)」などなど、キャンペーン目白押しの日々でした。

いかがですか?
チャンスではなくても「キャンペーン」になっただけで、急に動けそうな気がしませんか?

ピンチをチャンスにするまでの大まかすぎるロードマップ

流れを、もう一度おさらいしますね。(いらない!?)

ピンチから軸足を移す

「そうだ、これはキャンペーンだ!」と思う(どこまでも自由に設定して下さい)

キャンペーン期間をどうにか過ごしつつ、ゴール(チャンス)を目指す

これが、GoToキャンペーン期間中の紀々ねぇさんの旅プランです。
よろしければ、ご一緒にいかがですか?
もし良いキャンペーンが思い浮かばなかったら、コメント下さい。

あした、転機になぁれ!

 

コロナな今を生きる力に~かがみ屋へ、ようこそ。
哲学する紀々本『かがみ屋へ、ようこそ。PDF版』無料公開中早稲田大学で東洋哲学を学んだ哲楽家の紀々ねぇさんが、2007年に作った哲学する小冊子『かがみ屋へ、ようこそ。』を無料公開しました。その想いと、自分と向き合うことの効果をお伝えします。...
コロナな今を乗り切るヒント集『かがみ屋へ、ようこそ。』
答えが見えないコロナな時代の、答えの見つけ方

自分の中にある答えを探しに行こう!
『かがみ屋へ、ようこそ。』(PDF版)、無料公開中。

こちらから。

じっくりプロと一緒に向き合いたい方への応援プラン

パーソナルな哲学サポート

自分とゆっくり向き合うマインドフルネス時間のBGMに♪

琉球・沖縄の音楽をピアノにアレンジ【BGM編】