はじめての方へ

目指せ「キキペディア」!~ユカイ痛快な問いと視点を届けたい

目指せキキペディア!

こんにちは。
45歳から「これからの生き方」を全力で考える日々を送っている、紀々ねぇさんです。

3ヶ月たちました。

「紀々さん、どうしてる?」

そう思って下さっている方に、やっと少し言葉にしてお伝えできるところまできました。(今までは「言葉が見つからな~い!」という、もどかしい日々でした)

髪も、何年かぶりに結べるようになり、やっと、久しぶりに美容室も予約。
(でも、夏は結んで涼しく乗り切ることにしました)

思っていたよりも「不器用」でした

ピアノのソロ練習くらいなら、電波堂劇場も大丈夫なのでは?

私も、そう思いました。

電波堂劇場は大丈夫なのです。

でも……

私が、大丈夫じゃない。

気持ちが定まらない状態、「どこに進んでいくのか」がハッキリしないままでは、とにかく動き出せないのです。

はぁ…… …… ……

高校3年になってもまだ「なぜ大学に行くのか?」の答えがハッキリ見つけられず、質問しまくってはあきれられていた私。

あの時から、変わっていませんでした。

そうだ、やっぱり私は「不器用」なんだ!

これは、コロナのお蔭で貴重な再発見。

ピアノとレザークラフトで手先は器用です。たぶん、人一倍。

でも生き方は、かなり「不器用」。

「とりあえず」進めない……私

答えが見つからなくても「とりあえず」進む。

これが、どうも苦手。

「なんで? ナゼ? 何故(なにゆえ)に???」

疑問のオンパレードが止まらない。

自分自身で説得を試みても、これが、かなり手ごわい相手。

こんな時に必要なのは、ただ一つ。

「自分の中で納得できる答え」。

納得さえできれば、難易度が高くても、誰かにあきれられても、今度は驚きの行動力を見せるのも特徴。

だからこそ、スタートまでは時間が必要だったりします。

ちょっとややこしいけれど、これがマイペース。

 

納得するまでの「サナギ期」

ブログについて調べていると、ブロガーやYoutuberの皆さんの共通のアドバイスがありました。

 「誰かの問題や悩みを解決するもの」であることが大事。

私は、かれこれ20年ほど「個人や企業の課題・悩み」と向き合う日々でした。

でも、ネットの世界には解決策や答えがあふれています。

 私が力になれる形は何?

電波堂劇場も開けられなくなり、講演や音楽の出番も封じられてしまいました。

 「あなたは、どうする?」

 「あなたは、どうしたい?」

この問いと向き合う日々は、不安もありつつ不思議なワクワクもありました。

器用にサラリと乗り越えられない私は、しばしサナギになって、この問いととことん向き合うことにしました。

はじめに「ことば」ありき

原点は「ことば」。

小さい頃、弾くより歌うより前に始めたのは「おしゃべり」。
楽器に出合う前から「紙とえんぴつ」が大好きでした。

「ことば」に、かえろう!

遺言のつもりで(死んでも悔いのないように)ブログに残してみよう、と決意。
でも、すぐにテーマが見つかるわけでもなく……

3ヶ月の「サナギ期」を経て、ある朝ひらめいたのが

「キキペディア」(笑)。

ちょっと悩んだ時に辞典を開くような感覚でヒントを探せるようなブログ。

答えはないけれど、自分の答えを見つける「きっかけ」にあふれているブログがあったら……。

急にワクワクしてきいました。

このワクワク、伝わりますか?

もしかして、また私の暴走になっているかも!?

20年、たくさんのお悩みと向き合ってきたのです。

そろそろ、辞書にできるくらいの域にきたよね!!

そんな声が聞こえた気がするのです。

というわけで、「あんすぐとぅ」ブログは辞典を目指します。

20年、沢山のお悩みを聞かせて頂いた現場経験×哲学キャリアを全力で生かして。

う~ん……うまく伝えられている自信はないのですが、また少しずつ!

あした、転機になぁれ!

辞典をつくりたい
「辞典」をつくる!~「あんすぐとぅ」ブログの目指すところ45歳の本気の転機を迎えてから「丸3ヶ月」。紀々ねぇさんの「あんすぐとぅ」ブログが目指すのは、何?いよいよ輪郭が見えてき...
コロナな今を乗り切るヒント集『かがみ屋へ、ようこそ。』
答えが見えないコロナな時代の、答えの見つけ方

自分の中にある答えを探しに行こう!
『かがみ屋へ、ようこそ。』(PDF版)、無料公開中。

こちらから。

じっくりプロと一緒に向き合いたい方への応援プラン

パーソナルな哲学サポート