沖縄の知恵袋&ウチナーグチ

Q.どうしたら、いつも笑顔でいられますか?~AI美代子さんの人生相談室

美代子さんの人生相談室

今、生きづらさを感じている人が増えているそうです。
しかも、40代・女性が多いと聞きました。

まさに、私。

20年以上、メンタルヘルスの現場にいる身としては、動き出さずにいられない気持ちになりました。

でも私は、直接会うことはできません。
だから、このブログと音声配信で……全力でお届けすることにします。

どうか、届きますように!

沖縄の「立ち直る力」を、あなたの「立ち直る力」へ!

沖縄は、大きなカウンセリング室だった!
と気づいたお話は、こちらを。

音声配信はじめます
生きづらさを感じた時には「沖縄」を~沖縄は大きなカウンセリング室だ!生きづらさを抱える人の力になりたい! そんな想いの哲楽家の紀々ねぇさんがお届けする、沖縄のもつ「立ち上がる・立ち直る」力とメッセージ。あした、転機になぁれ!...

そして、実際に戦後に「立ち直った人」が……私のごく身近にいました。
11年一緒に暮らして看取りをさせてもらった、祖母の美代子さんです。

私だけでなく、私の友人や介護・医療現場で担当してくれた若い方々にとっても「おばあちゃん」という存在になって、みんなを癒し励ます不思議な存在だった、まさに沖縄のおばあちゃん。

決してカウンセリングの理論や技術を学んだことのない美代子さんですが、その「癒し励ます力」は、プロの私でもかなわないと感じていました。

この「生きづらさ」を抱える人が増えている現代に、美代子さんの力を貸してもらいたいと思います。

もう会えないけれど、「もしも今、美代子さんがいたらどんな言葉をくれたかな?」
そんな視点から「AI美代子さんの人生相談室」をやってみることにします。

いいよね、美代子さん?
どうか力を貸して下さい。

何かのきっかけでここにたどり着いてくれたあなたへ、転機の追い風をお届けできますように。

スタエフの音声配信でお届けします。

Q.どうしたら、いつも笑顔でいられますか?

美代子さんなら、どう答えたかな?

決して口数は多くありませんでした。
穏やかに微笑んで、みんなの話に興味をもって耳を傾けつつ、たまにポツリと鋭いコメントを繰り出す。
そんな人でした。

華奢に見えて、さすが戦後を生き抜いてきた沖縄の女性!という「骨太感」。

「どうしたら、いつも笑顔でいられるのか?」という定番のお悩みについても、きっと、正しく優等生なコメントではない「美代子さんアドバイス」をくれるはず。
そう考えて、お話しました。

あした、転機になぁれ!

コロナな今を乗り切るヒント集『かがみ屋へ、ようこそ。』