これからの生き方を考える

100年に一度のチャンス!~「自分と向き合う時間」を全力でおススメしたい理由

100年に一度と言われる大混乱。
でもきっとこの大混乱は、100年に一度訪れる「何かのチャンス」。
そう思わなければやっていられない!
そんな気持ちで考えてみました。
あなたの転機のヒントになればしあわせです。

このブログ記事の「動画編」もつくりました。
ラジオのようにサラリと気軽に聴いて頂けたらうれしいです。

報われなかった日々

「今、じっくり自分と向き合ってみたらいいのでは?」

 ダイエット、人間関係、ピアノなどの技術、働き方、体調不良、ツキがない、などなど……
 クライアント先から友人まで、相談を受けた時にそうおススメすることは多かったけれど、その断られ率も高いものでした。

 時間がないから。
  ▼
 時間がつくれていない状況こそが問題。

 余裕がないから。
  ▼
 何の?

 それどころはないから。
  ▼
 つまり、優先順位が低いのね。

 そんな切ないケースが多くありました。

 お酒やカラオケでにぎやかに過ごして「気が晴れた」はずなのに、翌日、結局はいつも通り。
  ▼
 「それって、気が晴れたのではなく、気がそれたってことだよね?」

 はぁ……「だからじっくり自分と向き合おうよ~!」

「自分と向き合う効果」~紀々が出合ったケース

 切なさいっぱいの一方で、確実に転機にも出合えるようになってきました。

 ダイエットできた
  ▼
 心の重さと身体の重さはリンクしていました!
 ストレス太りはストレス感が変われば体重も変わるのでした。(これは「AERA」の取材を受けました)

 仕事が楽しくなった
  ▼
 「自分が楽しくなったから」だそうです。

 人間関係のストレスが軽くなった
  ▼
 心に余裕が生まれると、人にもやさしくなれるのでした。(私も痛感!)
 結局「過去と他人」は変えられないけれど、自分が変われば気持ちは変わるし、関わり方が変われば関係は変わる。

 そもそもストレスが減った
  ▼
 自分にとって「何がストレスになっているか」が見えてくると、どうしたらいいかが見えてくる。(見えたからすぐ解決!とはいかなくても、見えてくるだけで気持ちが変わる。)

 本番に強くなった
  ▼
 どうして緊張してしまうのか? 何が不安なのか? 自分の傾向がわかると対策も見えてくる。

 精神的に強くなった
  ▼
 本来、人はけっこう強い!(というのが私の実感)
 その強さパワーを弱めてしまうものを見つけて、少しでも取り除くことができたら、本来の強さが出てくる!

プロ応援団のしあわせ

 私は決して「いい人」ではありません。
 もちろん、神でも仏でもありません。

 プロ応援団は本当にしあわせな仕事なのです。

 よく、様々な職業の方から「この仕事は大変だから子どもには継がせたくない」という声を聞きますが、私は「プロ応援団はしあわせだよ~!」と伝えたい。人生が変わる瞬間に立ち会わせてもらえるなんて、しあわせで光栄です。

 「あの時に、紀々さんに会えて人生が変わりました!」

 そんな言葉と大きな勇気をもらって、お金まで頂いてしまって……もうありがたすぎます。

 もちろん、五感フル稼働でその人と向き合うには特大のエネルギーを使います。


 でも「楽」より「しあわせ」の圧倒的勝利!
 プロ応援団は、しあわせです。

プロ応援団から今お伝えしたいこと

 自分と向き合うというのは、地味で地道な作業。
 
 筋トレと似ています。
 しかも、インナーマッスル系。
 バッキバキ・ムキムキにもならないので、外からも見えづらい。
 
 でも、そろそろ「ド派手が効果的ではないかも……」という空気が生まれてきています。
 
 今回の異常事態で、多くの人の目が「内」に向くしかなくなりました。
 外に探しに行けなくなった今、いよいよ「内=自分自身」に目を向ける100年に一度のチャンスなのではないでしょうか?

 あした、転機になぁれ! 

初めての方は、こちらもどうぞ。
  ▼

あなたの心の棚卸を応援します。
  ▼

紀々へのお問い合わせはこちらへ。
  ▼

コロナな今を乗り切るヒント集『かがみ屋へ、ようこそ。』

答えが見えないコロナな時代の、答えの見つけ方

自分の中にある答えを探しに行こう!
『かがみ屋へ、ようこそ。』(PDF版)、無料公開中。

こちらから。

https://piano.kikism.net/start-radio200928/

じっくりプロと一緒に向き合いたい方への応援プラン

パーソナルな哲学サポート

自分とゆっくり向き合うマインドフルネス時間のBGMに♪

琉球・沖縄の音楽をピアノにアレンジ【BGM編】

https://piano.kikism.net/story-ryubo-song/